Rhythm & Sound - See Mi Yah (Burial Mix/2005) 

ノイエ・ドイチェ・ヴェレ(ジャーマン・ニューウェイヴ)時代にはHolger Hiller脱退後のPalais Schaumburgに加入してThomas Fehlmannらとともに活動、90年代初頭には同じくThomas Fehlmannとの3MBとして、Juan AtkinsEddie 'Flashin' Fowlkesとコラボレーション、その後、Basic Channelとしてテクノに大胆なミニマリズムを導入してテクノの主流をミニマル一色に染め、かのJeff Millsをミニマルに向かわせ、さらにはテクノとダブの融合の実験を繰り返し、現在のクリック/ミニマル・ハウスの原型をも生み出した男、それがMoritz von Oswaldであります。
何と輝かしい経歴!
このMoritz von Oswald翁がいなければ、いまのテクノは存在し得なかったことでしょう。

まあ僕はPalais Schaumburgなんか全く知らなくて、3MBも後聴き、リアルタイムなのは最初期のBasic Channelがハードミニマルの原型みたいなトラックをひっそりとリリースした頃からです。
Basic Channelがハードだったのは初期だけで、テクノにダブを取り入れたMaurizioのシリーズ以降は、Basic ChannelをChain Reactionに移行させ、そのダブ趣味をさらに解き放したRhythm & Soundを活動のメイン舞台として選んだようで、ジャマイカン・ダブにベルリンっぽい冷たい感覚を持ち合わせたクールなダブ・サウンドを展開しています。

この『See Mi Yah』は、Rhythm & Soundとしての5枚目のアルバム。
同一のトラックで10組のシンガーとコラボレートしたものがノンストップで纏められており、さながらCD1枚で1曲のような雰囲気のある作品となっております。
まあ~ったりと、何もせず何も考えず、ひたすら何時間でも聴いていたい音楽です。
Tracklist:
01. See Mi Yah (w/ Willi Williams)
02. Dem Never Know (w/ Jah Cotton)
03. Rise and Praise (w/ Koki)
04. Truly (w/ Freddy Mellow)
05. Lightning Storm (w/ Rod Of Iron)
06. Let Jah Love Come (w/ Sugar Minott)
07. Boss Man (w/ Walda Gabriel)
08. Poor People Must Work (w/ Bobbo Shanti)
09. Let We Go (w/ Ras Donovan, Ras Perez)
10. Free For All (w/ Paul St. Hilaire)
11. See Mi Version
関連記事

コメント

これ聴くと暑苦しくなりますよね・・・wじとじとするんですわ。
個人的にはハードミニマルテクノの復活を希望したいですが、
さすがに本人たちももう興味ないのでしょうかね。残念ですわ
  • [2005/11/04 23:23]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

> マチュさん
僕は逆に、ダブの中では結構クールな方だと思うんですけど…。
ダブ、と言うかレゲエ好きかどうかで評価が分かれるのかも
知れませんね。
  • [2005/11/05 17:17]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

あれ、これってCDだとミックスされてるんですか?
一応7インチの方は持っているんだけど、CDの方も買わないとだめかなぁ・・・。
  • [2005/11/05 20:07]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

> shooterさん
ああ、僕の書き方が悪かったですね、スイマセン…。
Mixはされてません。
曲間がないからまるでノンストップのように聴こえて、
曲間で覚めることがないってことで。
7"のBOX持ってはるんならわざわざCD買う必要はないと思いますよ。
  • [2005/11/06 14:23]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

蒸し暑い本日にこれ聞いてました。
これってダブやレゲエの中では、クールな方なんですか…。
これよりももっと蒸し暑いのって、どんだけジトジトしているんでしょう。
リミックスの方はかなりテクノっぽくなっていたので、早くアルバム通して聞きたいです。
  • [2006/07/13 22:55]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

リミックスの方まだ買ってないんですけど、気になりまくりです。

大阪には昔からレゲエのシーンがあったので、
実は私、よくレゲエのクラブやバーにも行ってたんですよ。
まだテクノ聴けるクラブなんかほとんどなかった時代ですけどね(笑)
  • [2006/07/14 18:55]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/352-281a32b9

Rhythem & Sound/SEE MI Y..

http://www.basicchannel.com/  ネットで見つけてから待ちに待っていたヤバイブツがとうとう届きました。昨年コンピを2枚も出したと思ったらもう新作ですよ。しかも初の7インチでレーベルの14番から20番までの7枚組み!これを3月に1CDと1LPで出すみたいなん..
  • [2005/11/05 20:05]
  • URL |
  • ぼちぼち人生 |
  • TOP ▲

Rhythm & Sound - See Mi Yah (Burial Mix:BMD-4)

Amazonで詳しく見るアブストラクトなミニマルテクノの極北・Basic Channel、そしてMaurizio。Mark ErnestusとMoritz von Oswaldから成るこのミステリアスなユニットは、ここ数年はダブ・レゲエに傾倒しています。正直な所、テクノを離れてしまった彼らには余り興味も示さな
  • [2006/07/13 22:54]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲

See Mi Yah

Rhythm & Sound - "See Mi Yah" ('05/05/31) 全編同リディム(トラック)を使った、レゲエ的に言うところの"ワンウェイ"。 最初、長い曲だなーと思ったワ。 "See Mi Yah"の削ぎ落とされたリズムとアレンジに乗って、次々とマイクをバトン