Orbital - Peel Session (Internal/1993) 

で、Peel Sessionと言えば数々のアーティストがオフィシャル・リリースしている中、私がまっ先に思い浮かべたのは、昨年解散したOrbitalでした。
この音源は93年9月10日のものの模様(詳細 >>)。
確か2ndアルバム(通称 "Brown Album")のリリース後、店頭に並んでいた記憶があります。
Orbital独特のドラッギーなシンセワークは、今聴くとまるっきりサイケデリック・トランスみたいですな。
実際この辺りからテクノ・シーンとゴア(サイケデリック)・トランス・シーンが枝分かれして行ったわけですが。
Tracklist:
01. Lush (Euro-Tunnel Disaster '94)
02. Walk About
03. Semi Detached
04. Attached
関連記事

コメント

brown album、めちゃ好きです。テクノを聞き始めて少し経ってから
白、黄、茶という3種の神器があることを知って、一度に3枚買ったんですが、
当初、白は静か過ぎる!黄は意味が分からん!と思っていたのに対して、
茶は一発で好きになりました。今では3枚とも好きなんですけど、茶はテクノの
魅力を教えてくれたアルバムの中の一枚です。
って、肝心のこのpeel session は聞いたことないんですが・・・
  • [2005/12/02 00:54]
  • |
  • bigflag
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

> bigflagさん
1993年のアルバム・ベスト3を「白、黄、茶」って言ってましたね。
懐かしい!!
私は「黄」ばっかり聴きまくってました。
おかげでいまだにこんなblogタイトルです(笑)。
「白」と「茶」は実はちょっと遅れてから聴いたんです。
いっぺんに3枚買ったなんてスゴイですね(笑)。
  • [2005/12/03 00:21]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/375-ccca5df5