Mathias Schaffhäuser - Love & Business (Ware/2001) 

今日は節分でしたな。
昨年の節分のときに、ジャーマン・ミニマルハウスの佳作、Mathias Schaffhäuserの1st『Lido Hotel』を紹介したのですが、その時から、来年の節分にはMathias Schaffhäuserの2ndアルバムを紹介しようと心に決めていたのです(ウソです。今日思いつきました)。
そんなわけで、今日は1年越しの2nd『Love & Business』を紹介します。

前作は今は亡きForce IncのサブレーベルForcetracksから出てましたが、今作から自身のレーベルWareからのリリースとなります。
まあ、とりあえずは1曲目の「Hey Little Girl」でしょ。この曲はSven VäthのミックスCDにも収録されたりしましたけど、おセンチな男性ヴォーカルもので、ドスポスドスポスといった塩梅のメロディアスなミニマルハウス。
ほかにもクリック/ミニマルハウスを基調に、チルな曲調のものや、1stに引き続きRegina Janssen (from Donna Regina) が歌う曲もあったりなんかして、元々ポップ畑出身のひとだけあって、ミニマルながらもポップで聴きやすいのがミソといったところではないでしょうか。

さて、来年の節分にはMathias Schaffhäuserの3rdアルバム『From 4 To 6 AM』を紹介するのでお楽しみに!
とか言いながら、実は3rd以降のアルバムは持ってません。手っ取り早いのはKOMPAKT-MP3とかでカード決済で購入&DLだと思うんだけど…。

試聴 >>
Tracklist:
01. Hey Little Girl (Blue Mix) (vocal: Rob Taylor)
02. Ring Out
03. Cry Libra Cry
04. Wig Wam Boom
05. Hello
06. Take Me To Your Heart (vocal: Regina Janssen)
07. Repeat & Fail (Again & Again)
08. Karamel 1
09. Good Night (Everybody)
10. Karamel 2
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/416-b7d356e2