Adam Beyer - Fabric 22 (Fabric/2005) 

先月からSouthern Fried特集をされていたmats3003さんに続いて(?)、この度shooterさんもLoopa特集を始められたみたいです。Loopaは自分も追っかけてた時期があるのでついつい期待しちゃいます。頑張って下さい。
でも、私のとれま特集は今回早速お休みです。もし待ってた方おられましたらスイマセン…。

あのスウェーデンのズンドコ・ハードテクノ・トラッカーAdam Beyerまでもがクリック/ミニマルに転向したと言う、ある意味話題作なミックスCD『Fabric 22』、あまり期待せずに聴きました。
最近、かつてのハードテクノ/ハードミニマル系のDJがこぞってクリックに流れているのはよく言われていることですが、特にBeyerはマチュさんから“尻軽”の称号を授けられるほど。
かつてバームンガムのRegisが「Speak To Me」というたった2小節の極端なハードミニマルでテクノシーンに衝撃を与えた頃「次のシングルはRegisスタイルなんだ。」と実にあっけらかんと語ったり、デトロイト・リ=リヴァイヴァルが起こればデトロイティッシュな新レーベルを立ち上げたりと、実に期を見るにつけ敏な節操のない御仁です。

さて、先ず声を大にして言いたいんやけど、これはクリックではないです!
て言うか、俺はこれをクリックとは呼びたくない。
確かにカキコキピキパキしたクリック系の音色が多用されてはいるものの、低域の鳴りはハードテクノそのものの轟音っぷりで、これは言うなれば“クリックっぽい音色を取り入れたハウスのテンポのハードテクノ”でしかない。
とは言え、この手の組み合わせって実は今までなかったものかも知れないし、昨年Plus 8から出した自身の12インチ『A Walking Contradiction』もそんな感じの芸風だったし、だいたいこのミックスCDの終盤戦のノリの良さなんてさすが、なかなか簡単に出せるものではない、そんな風に感じました。

試聴 >>
Tracklist:
01. Slam Feat. Tyrone Palmer - This World (Wighnomy Brothers & Robag Wruhme Remix)
02. DJ Minx - A Walk In The Park (Wink's Run Through The Park Interpretation)
03. Alex Under - Las Bicicletas Son Para El Verano
04. The Gadgets - System (Alkaloid Docking Station Mix)
05. Dominik Eulberg - Klangteppichverleger Wolle
06. Osborne - In Gear
07. Adam Beyer - Snuff & Noise (Part 2)
08. Joel Mull - Persuaded
09. 2 Dollar Egg - Naxos
10. Adam Beyer - Snuff & Noise
11. Alex Long - Serton
12. Tony Rohr - Slowburn
13. David Roiseux - Demented (Sontec Remix)
14. Hertz - Progress (Subway Baby Remix)
15. Tim Track - Panic Voice
16. Reinhard Voigt - Spice
17. Sterac - Completed
18. Cari Lekebusch - Motions Of Energy
19. Adam Beyer & Jesper Dahlback - Redemption
20. Hiem - She's the One (Circles in Time Remix by Mathew Jonson)
関連記事

コメント

このミックスCDは聴いたことないんですけど、トラック・リストを見る限り
ハードなミニマルを上手く選んでますね。
個人的にはハード・ミニマルからクリックへの流れには辟易している部分もあるんですが、そのなかでもベイヤーの動きは評価できるものだと思います。
  • [2006/02/09 10:22]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

これ、びびんばさんの仰る通りで、クリックっぽいんだけどまんまクリックってわけじゃないですね。Essential Underground Vol.09のDisc-2も似た感じだと思います。
  • [2006/02/09 20:42]
  • |
  • beatjunkie
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> shooterさん
なるほど~。あ、このミックスCD聴いて思ったんですけど、
付け焼き刃な感じがあんましないですよね。
実はBeyerっていままでいいなって思ったことがほとんど
なかったんですけどね(笑)。
このミックスCDはわりと好みでした。
  • [2006/02/09 23:49]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> beatjunkieさん
『Essential Underground』は最初の頃はシリーズ買いしてましたけど
Beyerのは買わなかったです。
今度機会があったらチェックしてみますよ!
  • [2006/02/09 23:51]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/418-2d513cf0

Adam Beyer - Fabric 22 (Fabr..

Amazonで詳しく見る何度も何度も紹介しているFABRICシリーズの最新作はスウェーディッシュハードテクノの雄、Adam Beyerが担当しております。元々はDrumcodeでハードテクノで人気を博し、その後はTruesoulなるデトロイトテクノに影響を受けたかの様なレーベルを設立。そのレ
  • [2006/02/09 22:59]
  • URL |
  • Tokyo Experi.. |
  • TOP ▲