Last Front (最後前) - Joker/Dream Punk (Torema/1994) 

● とれまレコード特集: TR JPN 002 (1994)

Tracklist:
A. Joker (Original Mix)
B1. Dream Punk (Original Mix)
B2. Joker (Mangahead Re-Construction) Remix, Additional Production by TackQ Ishino


とれまの002番です。カタログ・ナンバーも“TR JPN ~”になりました。そういえば前回書き損ねたんやけど、001番のカタログ・ナンバーの“PT”って何の略だったんだろ。
で、002番はLast Frontの2nd EPで、Last Frontは今作から田中フミヤと井出保に宮城健人を加えた3人組になりました。リリースは94年の、確か春先くらいだったような記憶が…。
この002番は次回以降に紹介する003番と004番の3枚同時リリースで、私は当時心斎橋のBig Step2FにあったWAVEで、店舗の床に無造作に置かれた段ボール箱に入ってるのを見つけて購入。あっ、確か同じ箱にSubvoiceの001番From Time To Timeも1枚だけ入ってて、その4枚をレジに持ってったんだった!
002番からしばらくは、レーベル面なんかに“In Association With Frogman Records”の文字が。Frogman Recordsは93年12月に立ち上がったばかりで、Frogmanにもやはり野田努が関わってたし、レーベル立ち上げのパーティーのゲストが田中フミヤだったりして(これがフミヤ初の東京でのDJ!)、お互い協力関係にあったんだよな。FrogmanにはUKディストリビューションの人脈もあったし。
あと、この頃とれまレコードの事務所(?)は、ニホンのリジュボア(リスボン)こと大阪の天王寺にあったみたいです。

「Joker」、「Dream Punk」ともにプログレッシヴ・ハウスっぽいリフが入ってるのが時代を感じさせるものの、ミニマルな構成はいかにもDJが作りましたって感じで、フミヤは昔から一貫してたんだなあ。
「Joker (Mangahead Re-Construction)」はMangahead名義なんだけど、やはり卓球のソロ・ワーク。オケショットみたいなリフがこちらも時代を感じさせるものの、ジャーマン・トランス系の浮遊感あるシンセとアシッドっぽいブリープ・シンセの組み合わせがカッコイイです。唐突に仮面ライダーか何かの歌のサンプリングで終わり(ゴメン、何の歌か知らない)。
追記 (2006-02-10 20:00)
《 > ∥ ● 》のやみなべさんが、この歌は昔の特撮ドラマ『ロボット刑事』の主題歌だと教えてくれました。ありがとうございました!
私は『ロボット刑事』自体知らなかったんだけど、キカイダーみたいなもんかな…?
<< とれまレコード特集 INDEX
関連記事

コメント

>唐突に仮面ライダーか何かの歌のサンプリングで終わり
♪事件だ~ジョーカー~空飛ぶパトカー~(ちゃかちゃんちゃかちゃん!)
は、昔の特撮ドラマ『ロボット刑事』の主題歌ですね。
パトカーマシンの名前が“JOKER”なのでそっから使ったのかと。
最初は目が点になりました。
  • [2006/02/10 10:14]
  • |
  • やみなべ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> やみなべさん
おおーっ! 長年の疑問が解けましたよ!!
エントリ本文に追記させていただきました。ありがとうございました!
  • [2006/02/10 20:02]
  • |
  • acid_bibinba
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/420-ad01e276