Hardfloor - Compiler 1.0 (www.hardfloor.de/2006) 

いわゆる第三のビール業界はキリン“のどごし生”のひとり勝ち状態でしたが、ここへ来てサントリーの投入してきた“ジョッキ生”は、ネーミングはいまいつつなものの、私の好きなモルツライクな味わいで少しびっくりしました。コイツは今後第三のビール業界再編の台風の目となるかも。

2003年に設立されたHardfloorのオウン・レーベルのコンピレーションが届きました。
当然全曲Hardfloorの曲。カタログ001番から004番までの計9曲に、新曲1曲と、ニホンのCISCO限定で発売された12インチ『Acid Energy』のB面の、全11曲収録。

最新作『Four Out Of Five Aliens Recommend This』(レヴュー >>)を聴いたあたりからうすうす感じていたことがあったのだけれど、今回のコンピレーションを聴いてそれがハッキリとしました。
それは、長い間彼らのトレードマークと思われていたTB-303のサウンドは、実は彼らの曲の中ではスパイスでしかなく、彼らの音楽の真骨頂は、その固いシャッフルの効いた手数の多い跳ねまくったリズムであるということ。
近作はそれが特に顕著に出ていて、そう思いながら、出た当時は「Hardfloorも何だか遠くに行っちゃったなあ。」と感じた2000年の『So What?!』を聴くと、妙にしっくり来ると言うか、別に変わったことやってたわけではなかったんだなあと認識を新たにした次第です。

試聴はオフィシャル・サイトで >>
Tracklist:
01. Alphabetical (hf 001 A)
02. Received Files (hf 001 B1)
03. ...Me Too (hf 001 B2)
04. Da Revival (hf 002 A)
05. Hubbub Rub (hf 002 B)
06. Who Took Da Box (hf xx japan special B)
07. Soulful Spirit (hf 003 A)
08. Mrs. Broflovski (hf 003 B)
09. Murano (hf 004 A)
10. Joppiemuffler (hf 004 B)
11. Devils & Donuts (previously unreleased)
関連記事

コメント

まだ購入していないのですが、びびんばさんの
>長い間彼らのトレードマークと思われていたTB-303のサウンドは、実は彼らの曲の中ではスパイスでしかなく、彼らの音楽の真骨頂は、その固いシャッフルの効いた手数の多い跳ねまくったリズムであるということ
この部分を読むと何だかますます興味が沸いてきますね。
以前リリースしていたアルバムをもう一度聴きなおそうかな(笑)
  • [2006/03/13 14:30]
  • |
  • Hide
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> Hideさん

Hardfloorのリズムのカッコ良さって昔からあったんですけど、
彼らの近作はTB-303がひかえめなトラックが多いので、
改めて気付かされたって感じです。
  • [2006/03/13 23:11]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

僕もこのコンピ買いました。HFレーベルからの初期作品はアルバムに入ってなかったので、このコンピは嬉しいですね。
001番がかなりトランシーで、自分的には001番が一番好きかも。それ以降ちょっとおとなしめになった気がします。まあでも低迷期があったのに、最近の復活ぶりは嬉しい限りですね
  • [2006/03/13 23:59]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

> 低迷期があったのに、最近の復活ぶりは嬉しい限りですね
ほんと、そうですね。自分もリリースが続いて嬉しいです。

あと、このコンピレーション、タイトルに1.0と付いてるので、
ついつい続編も期待してしまいます。
  • [2006/03/14 23:04]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/442-95986928