Ricardo Villalobos - Salvador (Frisbee/2006) 

先日のCHaOS以降、また私の中でミニマルづいてるので、これから何枚か、クリック/ミニマルものが続くかもしれません。

いまやテクノ界隈では結構な人気のRicardo Villalobosさんなんですが、実は今までこのひとの曲を熱心に聴いたことがなくって、まあミックスCD位しか聴いてないんですけど、そのミックスもどうもいまひとつ掴みどころがないというか、中途半端というか、これという特徴を感じることが出来なかったんです。
このアルバムもレコード屋で見た時は「あ、VillalobosまたミックスCD出したんや。」と思ってスルーしてたんですが、いや、これ、過去作品からのコンピレーションだったんですね。
何となく手に取って聴いてみたんですが、クリック成分は皆無で、ハウスのテンポのテクノって感じで音数も多めです。チリの人っていうことで音楽的な特徴になってるのかどうかはわかりませんが、ラテン風味の楽天性とユーモアはそこはかとなく感じ取ることが出来る作風ですね。音数多めと書きましたけど、その音の密度の濃さは結構テクノとしてのノリの良さと重心の低さをを醸し出していてなかなかカッコ良い。
あと、ボートラのSenor Coconutの曲のリミックスがラテン・クリックの真骨頂って感じで、聴いてて楽しいです。
8曲入りなんですけど、長尺の曲ばかりなので、80分弱というCD1枚めいっぱいのボリュームも満足。

試聴 >>
Tracklisting:
01. Que Belle Epoque 2006
02. Tempura
03. Suesse Cheques
04. Unflug
05. Lazer@present
06. Logohitz
07. Lugom-LX
08. Bonus Track: Senor Coconut - Electrolatino (R.Villalobos' 'Lektro Carino Mix)
関連記事

コメント

>また私の中でミニマルづいてるので

おっ、いいですね。

もっとズブズブいっちゃてください(笑)。
その為の情報だったらいくらでもお渡ししますよ!
  • [2006/05/14 12:24]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> shooterさん

おお、心強い。
shooterさんのレヴューはいつも参考になってるので
今後ともよろしゅう。
  • [2006/05/14 18:19]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ヴィラロボスが昔はこんな作風だったのだと、聴いて少し驚きました。
でも今よりも普通に聴きやすかったり、踊りやすかったり、意外とこの作風も好きです。
またこんな感じのハウシー路線をやって欲しいなと思ったりしましたね
  • [2006/05/29 22:54]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

聴きやすくて踊りやすくもあるんだけど、どこかドロンドロンしてて、
粘着質な感じが独自のファンクネスを醸し出してるんでしょうね。
近作についてはほとんど聴いてないので、私には比較は出来ませんが…。
  • [2006/05/30 01:48]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/479-b6b16c1b

Ricardo Villalobos - Salvador (Frisbee Tracks:FTCD011)

Amazonで詳しく見るクリックハウス界のダンディーな男、Ricardo Villalobosの旧作をコンパイルしたアルバムが登場。スルメの様にクネクネとした作風で掴み所の無い独特のグルーヴを生み出す不思議なアーティストであり、近年のクリックハウスシーンを引っ張る存在であります
  • [2006/05/29 21:53]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲