Pascal FEOS - Synaptic (Level Non Zero/2006) 

中国のパンダ幼稚園のアイドル、となりのこぱんだの網網(ワンワン)の本が出る! そのニュースを知って、特典CD-ROM目当てに早速注文してしまったわが家です…。

80年代半ばからDJとして活動している独テクノ・シーンのヴェテラン、Pascal FEOSの3rdソロ。リリースしているLevel Non Zeroは、自身のレーベルPVのテックハウス系サブレーベルだそうです。
脱ジャーマン・トランス以降はハウシーな作風で評価の高いひとですが、今作はTB-303をベースラインとして使っているトラックが目立つ、アシッドハウスの血を引いたクリック気味のジャーマン・テックハウス。ガツンとギアの入るような高揚感は抑えられている反面、じわりじわりと効いて来てグイグイ迫り出す抜群のグルーヴ感にものすごくシヴィレる。ごくたまに顔を見せるジャーマン・トランス風のギラギラしたシンセサウンドがなければ、元Resistance Dであることすら忘れてしまいそう。
だいたい、ジャーマン・トランスってそもそもミニマルでアンダーグラウンドな音楽でしたからね。90年代後半のユーロ・トランス以降でしょ、"トランス" って音楽を駄目にしたのは。90年代初頭のジャーマン・トランスと、それ以降現在までのトランスは、ほとんど別モノと考えるべし。
ジャーマン・トランスの血潮をそこはかとなく感じさせつつ、最新型のクラブ・ミュージックの体裁を提示し続け、しかも文句なしにカッコイイPascal FEOSって、やはりただ者ではない。やっぱり、出してる音がカッコ良くないと説得力ないですからね。

試聴 >>
Tracklisting:
01. Intro
02. G-Tone
03. Brooklyn Style
04. Out Of My Head
05. Chemo Sensor
06. Impulse
07. Can't Get Enough
08. Ausklang
09. Synaptic
10. Timeless
11. Bring The Beat Back
12. Tanzbombe (Robag Wruhme Remix)
13. Stargazer
14. Sunset
関連記事

コメント

こんばんは。コメント&トラバありがとうございました。
確かに「トランス」って名称が付いてるのが不思議なくらい別物ですよね。

それにしても流行とか関係なく、格好良い音楽一発で唸らせてしまう彼はすごいです、本当に。
  • [2006/06/14 01:23]
  • |
  • Nove
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> Noveさん

本当に、このひとのアルバム1枚の完成度ってすごく高いですね。
最近聴いたアルバムの中では一番だと思います。
昔のトランスのひとがちゃんとこうして生き残ってるのも嬉しい限り。
  • [2006/06/15 00:46]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/501-348dda21

Pascal Feos / Synaptic (2006)

知らぬ間にリリースされてた3年振りの新作。自身のレーベルLevel Non Zeroより。やはり今回もノンストップ。これまでのテックハウスから一転、クリック系の...