Cisco Ferreira - T.R.I.N.I.T.Y. Remixed (Tresor/2006) 

ポルトガル決勝リーグ進出! イラン戦では石野卓球と似て蝶のデコの1点めも、マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドのPK2点めも、フィーゴのアシストあってこそ。フィーゴ! フィーゴ! やっぱフィーゴだ!!

もはやハードミニマル界最後の良心、吾らがポルトガルが生んだハードテクノ界のエンリケ航海王子、The AdventことCisco Ferreiraによる昨年夏リリースのソロ・アルバム『T.R.I.N.I.T.Y.』(過去レヴュー >>)からのリミックス・シングル。ハードかつ繊細な彼のトラックを料理するのは、Adam Beyer、Hertz、Chris Liebing、Heinrich Muellerと言う、豪華な、と言うよりもベタ過ぎる4組。

米屋 (A1) は、最近の自身作同様、クリック風味のハウスのテンポのハードテクノ。低音の効きまくったハードミニマルを見事にクリック化。
Hertz (A2) とHeinrich Mueller (B2) はエレクトロの原曲を、Hertzは凡庸な大味のハードミニマルに、Heinrich Muellerはダークめなエレクトロ・ディスコに。
そしてクリリン (B1) は、パーカッシヴなトライバル・トラックを、クリリンにしては抑えめのトライバル・ハウシー・テクノに...。
やっぱ米屋がイイ仕事してますわ、このシングル。米屋は、常にシーンのかなり前の方を走ってるのは確か。でもいつも先頭じゃないんだな、これが。

試聴 >>
Tracklisting:
A1. Pagodas (Adam Beyer Remix)
A2. Womans Scent (Hertz Remix)
B1. Tresor West (Chris Liebing Remix)
B2. Womans Scent (Heinrich Mueller Remix)
関連記事

コメント

このベイヤーのリミックスはいいですよね!
でも他の曲がつまらないんで買わなかったんですが。

>米屋は、常にシーンのかなり前の方を走ってるのは確か。

確かにベテランにしてはがんばってるんですけどね。
でもこれなら Pascal feos の方が前走ってるかなぁ・・・・。
  • [2006/06/19 23:48]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> shooterさん

何だかんだ言いながら、最近のベイヤーは気になりまくりです。

それにしても、いつの間にかベイヤーもベテランと言われるように
なったんですねえ。
何か、未だに若手で無邪気な印象が強いのですが...。
  • [2006/06/20 21:18]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/508-baf4eab4