Hypnotone - Ai (Creation/1991) 

昨日の記事のマクラ文で書き忘れたことがあったんですけど、ワールドカップの3位決定戦ドイツ×ポルトガルの試合を見ていたら、ようやく聴くことができましたよ、Bob Sinclarの「Love Generation」! 多分スタジアムではガンガンかかってたんだろうな。他にもBelliniの「Samba De Janeiro」とかもかかってたのがいかにもドイツらしいところ。

1990年代初頭のハードコア・テクノ/レイヴの代表的なユニット、Hypnotone。電気グルーヴの1stアルバム『Flash Papa』をプロデュースしたのがこのHypnotoneの中心メンバーTony Martinでした。
ハードコアとは言ってもいま聴くと全く攻撃的ではなく、そのBPMもハウス並みにゆったりしたものなので、どっしりしたリズムはグルーヴィーにすら感じます。
高揚感を煽るピアノ、ブリーピーなシンセ、アンビエントと言うよりはダウンテンポのエレクトリックな(エレクトロニック、ではない)ブレイクビーツ、それらがこの2ndの特徴ですが、抜けの良いサウンドプロダクション、クリアかつ宗教的な荘厳さを感じさせるシンセワークなどは、初期のOrbitalが好きなひとならきっと気に入るはず。
音楽のモードってやはり周期的なサイクルがあると思うんだけど、この辺りの音ってなかなか再評価されませんねえ...。
Ai Ai
Hypnotone (1994/05)
Creation

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
01. SBX II
02. QIX
03. Electraphonic
04. God C.P.U.
05. Dreambeam
06. Quasar
07. Love
08. Yu-Yu (F.T.D.)
09. Airwalk
10. God C.P.U. (Ambient)
関連記事

コメント

優勝後のローマの狂喜乱舞している映像では、サポーターがなぜかseven nation armyのイントロを合唱してました。なぜ?
  • [2006/07/12 15:36]
  • |
  • mats3003
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mats3003さん

元々トッティが歌い始めたらしいです。
ファンだったのかなあ?
http://www.barks.jp/news/?id=1000025343
  • [2006/07/13 14:02]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/525-baf94849