RMB - This World Is Yours (Low Spirit/1995) 

060719.jpgここのマクラ文のネタはたまってたんですけど(ジダンとかフェリポンとか)肝心の音盤紹介のネタがなくって、結局マクラネタも鮮度が落ちてしまったり。

むかしむかし、レイヴ・ミュージックと呼ばれるジャンルのダンス・ミュージックがありました。その名の通りレイヴで万人を踊らせるための音楽なわけで、テクノともトランスともハードコアとも違うちょっと独特のチャラさを持ったそのサウンドは、シリアスな音楽ファンからはバカにされながらも、特にヨーロッパを中心にかなりのマーケットを形成していたのでありました。また、その亜流サウンドが、二ホンではジュリアナ東京というディスコで大人気に。社会現象にもなったことは、私のようなおっさんにはまだ記憶に新しいはず。
さて、この1990年代初頭、WestBam率いるドイツの一大ダンスレーベルLow Spiritは、まさにこのレイヴ・ミュージックの代表的なレーベルであり、テクノ・リスナーにはWestBamともども、ハッキリ言ってバカにされていた存在であった。今からするとそんなカテゴライズこそバカバカしいものだが、当時はそんな空気だったんですよ、記録として書いておくと。

で、このRMBは、1990年代初頭から現在も活動を続けるレイヴ・ユニットの超ヴェテラン。『電気グルーヴのオールナイトニッポン』の熱心なリスナーだったひとなら「No Compromise」という曲を聴いたことがあるだろう(RMB Traxの「Innerstream Of Consciousness」って、間違って紹介されちゃった曲です)。あるいは、Frogmanクルーがコンパイルした『Spunky Chorus』というジャーマン・トランスのコンピを持ってるひとには、もしかすると「Follow Me」という曲がお気に入りになってるかも知れない。
このアルバムは、Le Petit PrinceからLow Spiritに渡り歩いて来たRMBの1995年のベスト盤的アルバム。前述の「Follow Me」もリメイクされて、BPMがかなり速くなってついでにレイヴィーなシンセも加えられたカタチで収録されてます。

何を隠そう、実は私、「Follow Me」って曲がもう好きで好きでたまらないんですね、未だに。で、先日Detroit 2 Detroitのka2さんがコメント欄でこっそりとRMBのヴィデオに触れていたので懐かしくなって、このアルバムを引っぱり出して来た次第です。
このチョッ速になった「Experience (Follow Me)」、オリジナルはオリジナルで好きだけど、これはこれでアガる。このレイヴィーなピアノとヴォーカル、歪んだキック、切ないメロディー、もう言うことナシですなあ。ka2さんの言うように、ハッピーハードコアのはしりになるのかも。
他の曲は、まあそれなりのもんでしかないです。基本的には「Follow me」だけが際立ってて、他の曲はユーロビート寸前のレイヴだったりダークなチョッ速ハードコアだったりしてね。

試聴 (iTMS) >>
Tracklisting:
01. Universe Of Love
02. Redemption
03. Troubled
04. Experience (Follow Me)
05. Chakka Chakka
06. Passport To Heaven
07. Matisse
08. No Obedience
09. Land Of The Rising Sun
10. River's Edge
11. This World Is Yours
12. Love Is An Ocean
13. The Place To Be
関連記事

コメント

同じくメッチャ好きですよ"Follow Me"
そして、Spunky Chorus♪のコンピもネットで探し、中古屋を駆けずり回ってやっと見つけた離せないアルバムになってます。
その中でも"Follow Me"はお気に入りですね。
RMBはこの曲しか聴いたことがないけれども、このベスト盤的なアルバム聴いてみたいですねぇw
探してみるか!(笑)
  • [2006/07/19 23:11]
  • |
  • Hide
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> Hideさん

いや~多分「Follow Me」目当てでこのアルバム聴くとイマイチだと
感じるかもしれないですね~。実は、私も最初そうでした(笑)
iTunes Music Store Japanで買えるので、試聴してみてください。
  • [2006/07/20 18:49]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントに反応していただきありがとうございます! 

うちはデトロイト専門を名乗っている手前、こっそり書いたんですが良いものは良いということで(笑) オリジナルの「Follow Me」は、少々音痴なヴォーカルと陰のあるメロディがたまらない。当時のレイヴ・ミュージックは、どことなく暗さがあるというか刹那的なのが魅力でした。

実は自分もこのアルバム持ってないんですよ~。
iTMSで買えるんですね。情報ありがとうございます!
  • [2006/07/22 09:35]
  • |
  • ka2
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> ka2さん

> 少々音痴なヴォーカルと陰のあるメロディがたまらない。
このアルバムに収録されたリメイク版「Experience (Follow Me)」では、
ヴォーカルは差し替えられていました。
権利関係の問題なのかなと勝手な想像をしていたのですが、そうか、
音痴だったからだ(笑)
  • [2006/07/22 19:35]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

さっそく聞いてみたんですが、たしかにヴォーカルうまくなってますね(笑) でも「スパンキーコーラス」のヘタウマな方が味があって好きだな~。
  • [2006/07/23 19:26]
  • |
  • ka2
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> ka2さん

そうなんですよ、変に上手いヴォーカルになっちゃって...。
BPMも速いのよりオリジナルの方が好きです。
  • [2006/07/24 21:38]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

zu spaet!!!

書き込み失礼します。RMB信者です。

Le Petit時代に出した「Heaven&Hell EP」に
入っていた「Follow Me」は、14年たった今でも私の1番のアンセムです。全然色あせない曲だと思います。
「The Place To Be」が一緒に入っていたので、あ~、なるほどそれで「Heaven&Hell」っていうタイトルなんだなあって思いました。

ドイツでは、90年代中頃がレイヴサウンド全盛でしたが、当時数多くあったレイヴユニットの中でも、RMBは
そのサウンド、曲構成など他にはない、かなり独特のセンスを持っていたと思います。

陽の曲、陰の曲というように、対照的な曲を作るところがとても好きです。
起承転結型の曲が特徴で、「Spring」「Passport to Heaven」など、初めて聞いた時のあの感動は
未だに忘れられません。

信者なので当然、Le Petit以前のAdam&Eve時代の曲も、現在に至るまでリリースしてる曲全て好きです。


>>現在も活動を続けるレイヴ・ユニット
'98のシングル「shadows」以降は、low spiritを離れて
自身のレーベルでトランスにシフトしてますよね。
(ここ2年くらいあまり活動してないみたいだけど。)
  • [2007/07/11 22:44]
  • |
  • verueckt
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> veruecktさん

veruecktさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
「The Place To Be」はカッコ良いですね、ダークサイド・オブ・RMBって
感じで。
個人的にはやはりAdam & Eve~Le Petit Prince時代の音がツボです。
トランスから次の新たな一手を出すのは難しい状況かも知れませんが、
彼らにはもう一華咲かせて頂きたいところです。
  • [2007/07/14 02:36]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/532-603e91b4

レイブ音楽って…

たまにはバブルガム&アイドルから離れて… RMB「Experience (Follow me)」(1995) だんだんiTSが神に思えてきた。な ん で あ る ん だ ! これ、ハピコア特集記事のネタ探し...
  • [2007/12/23 22:08]
  • URL |
  • そすぺ別館 ~俺日記~ |
  • TOP ▲