VA - Frogman Presents Spunky Chorus (Sony/1995) 

060724.jpgバイオリズムが下降時期なのか何なのかわからんけど、どうも新しいことしたくないし考えたくもない、新しい音楽も聴きたいと思わない、という訳で、ここ数日古いテクノばかり聴いてました。それもそろそろ飽きて来そうですが。
そんなわけで今日も古いテクノを。

前々回の記事でちらと触れたこのCD、Frogman Recordsの渡辺健吾と佐藤大が選曲した1990年代前半のジャーマン・トランスのコンピレーションです。当時のジャーマン・トランスの中でもハッピー・トランスと呼ばれていた、Eのための下世話なほど享楽的で叙情的な音楽を集めたもの、という印象が強かったのですが、今回聴き直してみると案外そうでもなかったことに驚き。
アシッド・レーベルNoomのNexus 6「Trés Chic」みたいなバッキバキのアシッド・トランスから、Anti Visa「Ahh Yeah」みたいなレイヴ、Metal Master「Spectrum (Caspar Pound Remix)」のインダストリアルなフレーズが特徴的なものまで、結構シリアス(?)なトランスも多かったんですね。
特にMetal Master「Spectrum (Caspar Pound Remix)」は、Sven Väthによるオリジナルを、当時のUKの盟友でありRising High Recordsのボスでもあった故Caspar Poundがドロドロにリミックス。トリップミュージックだとしても、この音ひとつひとつのトばし方、曲げ方はちょっと尋常じゃない。
あと、Mijk van Dijkの曲が3曲も入ってるのは、やはりコネクションの強かったFrogmanならでは。「Schöneberg」は好きだけど、個人的にはMijkはデジタルシンセが五月蝿すぎてちょっと好みからは外れる。一度Mijk van Dijkのライヴを見たことがあるけど、やはりデジタルシンセが五月蝿すぎて耳が痛かった...。
(ついでに書いとくと、Mijk's Magic Marble Box「Gamer's Night」はNinjahead「Pulseman vs Sineman」のリメイクなんだけど、私は圧倒的にオリジナルのダーク・ミニマル・アシッドなのが好き。さらには「Gamer's Night」をさらにリミックスしたNinjaheadこと卓球リミックスも...。)

それでもやっぱりグッとクるのは、RMB「Follow Me」、Interactive「Koma」、そしてPaul van Dyk「My World (Florin Mix)」という、切なくてメロディアスな "泣き" のトランスでしょ。
RMB「Follow Me」は前々回の記事で書いた通り。このオリジナル・ヴァージョンが聴けるのはRMBの『Heaven & Hell EP』、Le Petit Princeのレーベル・コンピ『Esprit De La Jeunesse』、そしてこの『Spunky Chorus』のみ(多分)。
InteractiveはRamon Zenkerがらみのユニット。「Koma」は、C.J.Bollandをサンプリングしたエッヂの鋭い疾走感あるリズムに、感動的で重厚なシンセがかぶさるジャーマン・トランスのクラシック。超名曲!!
で、Paul van Dyk「My World (Florin Mix)」は、憂いのあるメロディ、細やかなサウンド、そして波の音、まさに明け方トラック。この曲がトラウマになって、普段トランスなんて聴かないけどPaul van Dykだけは未だに気になるってひと、多くないですか? 一度でいいから、ビーチのパーティーで、この曲を聴きながら朝を迎えたい。きっと人生変わるだろうな。
フロッグマン・プレゼンツ・スパンキー・コーラス フロッグマン・プレゼンツ・スパンキー・コーラス
オムニバス、マイクログローブ 他 (1995/07/01)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
01. Microglobe - Environ-Mentality (Act 1)
02. Positive Thinking - Vintage
03. Nexus 6 - Trés Chic
04. Marmion - Schöneberg (Marmion Remix)
05. RMB - Follow Me
06. Interactive - Koma
07. Anti Visa - Ahh Yeah
08. Jonny L - Hurt You So (Alright) (The "Full" Mix)
09. Metal Master - Spectrum (Caspar Pound Remix)
10. Mijk's Magic Marble Box - Gamer's Night
11. DJ Joe T. Vannelli featuring Csilla - Play With The Voice In Germany
12. Paul van Dyk - My World (Florin Mix)
関連記事

コメント

改めて聴いてもこのアルバムは良いですね。
中には気が狂ったような曲もありますが…(笑)
確か、Paul van Dykの「My World (Florin Mix)」はこのアルバムが出た当時、どのアルバムにも収録されてなかった曲だったんでしたっけ!?
ネットで探している時、なんかの記事で読んだような。
僕の場合、このアルバムがリリースされてた頃テクノは聴いてなかったからリアルタイムじゃなかったので、びびんばさんのレビューを読んで改めて勉強になりました。
夕日を眺めて聴きたい「Spectrum (Caspar Pound Remix)」もかなり好きなんですが、Metal Masterって、Sven Väthの別名義だったんですか!?
  • [2006/07/25 15:20]
  • |
  • Hide
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> Hideさん

ああ、そう言われてみると「Spectrum (Caspar Pound Remix)」は
夕日のイメージにぴったりですね。
フュージョンっぽいところがそう思わせるのかなあ。

Metal MasterはSvenのユニットで、Harthouseの記念すべき001番ですよ。
シングル1枚しか出てませんが(笑)
http://www.discogs.com/artist/Metal+Master
  • [2006/07/25 23:38]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/534-64518a30

【frogman presents SPUNKY CHORUS♪】 / Various Artists

【frogman presents SPUNKY CHORUS♪】 / Various Artists Label : Sony RecordsReleased : 1995Artist Site : -Listen : -90年代初頭、ドイツでも日本でも隆盛を誇った「German Trance」 ただ、現在
  • [2006/07/25 15:38]
  • URL |
  • ‥microbeat homepage‥ |
  • TOP ▲