Mathias Schaffhäuser vs. Various Artists - RE: -Selected Remixes Vol.1- (multiColor/2003) 

タワレコ心斎橋305円ワゴンからその2。

ケルンのMathias Schaffhäuserが手がけたリミックス仕事をアルバムに纏めたもので、2003年リリース作品。
Mathias Schaffhäuserは●KOMPAKTディストリビューション傘下でWAREというジャーマン・ハウスのレーベルを主宰するアーティストで、元々ポップソングを歌っていた経歴の持ち主であることから歌モノの曲を手がけることも多く、ジャーマン・ハウス/ミニマル界隈のひとのなかでも比較的ポップな作風が魅力です。実はVladislav DelayLuomoとして活動する際にプロデューサー役を務めていたりもしています。

ドイツっぽい硬めのトラック・メイキングに、クリック音だったり金属音だったり電子音だったりピアノだったりするウワものがコロコロと転がり、ダンスフロアで機能する低域はしっかりと保持しつつ、メロディアスで、全体の佇まいはあくまでポップで心地良い、そんなMathias Schaffhäuserのサウンドはこのコンピレーションでも味わうことが出来ます。
いやあこのひとの手がける曲はホントどれもいい。素晴らしいアーティストですなあ。

過去記事: Mathias Schaffhäuser - Lido Hotel (Forcetracks/2000) >>
過去記事: Mathias Schaffhäuser - Love & Business (Ware/2001) >>

試聴 >>
Tracklisting:
01. Coloma - In A Snowstorm
02. Digital South - No Good
03. Luomo - Tessio
04. Gonzalo Martinez - La Pollera Colora
05. Raz Ohara - This' A Beautiful Day
06. Geoff White - Scuigl Rework
07. J.C.A. - I Begin To Wonder
08. Sieg Über Die Sonne - I'm Not A Sound
09. Kitbuilders - Sympathy
10. Steve Bug - Loverboy
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/558-09c2b5e6