Fumiya Tanaka - Unknown Possibility Vol.3-2 (Torema/2006) 

この秋からのドラマで楽しみなのは、やはり何と言っても『のだめカンタービレ』ですかね。あとユン・ソクホ監督の四季シリーズ最終章『春のワルツ』、もうNHKでやるんですね。また笑わしてもらえるのかな。こちらもある意味楽しみです。

● とれまレコード特集: TRM 025 (2006)

Tracklisting:
A1. big electric cat
A2. the touch - ver 1
B1. the touch - ver 2
B2. one more time

とれま特集ラスト・ツーです(とか言いながら、年内にもう2枚、027番と028番がリリース予定だそうです)。田中フミヤの "Unknown Possibility Vol.3" その2。Vol.ナンボまで続くのか、纏めてCD化されるのかされないのか、未だ以て不明ですが。

無機的で愛想も素っ気もないサウンドメイキングは相も変わらずなんだけど、細やかなひとつひとつの音の重なりが生み出すグルーヴがちょっとこれは尋常じゃない。田中フミヤって、いつの間にこんな繊細なプログラミング出来るようになったんでしょうね。このシリーズはマジでまとめてCDで聴きたい。
あと、とれまのレーベル・デザインもモダンになったもんだ。昔はもっさい無骨な感じのものばかりだったのになあ。

試聴 >>

<< とれまレコード特集 INDEX
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/562-df7e3d13