Vince Watson - Sublimina (Headspace/2005) 

Vince Watson - Sublimina
Label: Headspace Recordings (HS-017CD)
Format: CD
Released: 2005
試聴 >>
Amazon.co.jp >> @TOWER.JP >> iTMS >>
もうすぐ出るVince Watsonのニューアルバム『The Emotion Sequence』、いつも通りデトロイティッシュながらもかなりハードなサウンドだそうじゃないですか。夏に出たライヴ盤『Live At Irizo』(過去レビュー)で、そのデトロイティッシュながらもズンドコしたバッキバキのハードさにヤラレてしまった僕としては、非常に楽しみです。

今回紹介するのは、最近中古で手に入れたVince Watsonの傑作と誉れの高いアルバム『Sublimina』。テクノ方面だけでなくハウス方面でも人気のあるアルバムだそうですが、それもこの繊細でメロディアスな美しいサウンドを目の当たりにすると納得です。
シンセの細やかさにはDerrick MayやStacey Pullenの諸作品を思わせる叙情性があり、ヨーロッパ産のテクノにしては比較的控えめのビートは、お家で聴くにも適した優しさがあります。もちろん低音を効かせて音量を上げるととってもダンサブルです(テクノ=ダンスミュージック、であることに変わりはないので)。

秋の夜長、ジャズもいいけど、優しげなエレクトロニック・ミュージックもまた良いものです。
Sublimina Sublimina
Vince Watson (2005/04/25)
Headspace

この商品の詳細を見る
Tracklisting:
01. Refract
02. Cycles
03. 1st Sign
04. Maya
05. Intrisync
06. Enigma
07. 2nd Sign
08. Sublimina (Encryption)
09. 3rd Sign
10. Cipher
11. Venoma
12. 4th Sign
13. The Knowledge Seed
14. Signals
15. Sublimina (Decryption)
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/599-5dd0d586

Vince Watson - Sublimina (Headspace Recordings:hs017cd)

Amazonで詳しく見るいつの間にかひっそりと、そして確実に心を振るわす一枚が発売されています。そう、疾走系デトロイトテクノを作らせたらまず外す事のないVince Watsonのアルバムです。今までもEPで数多くのデトロイティッシュで、テッキーで美しくもアグレッシブな作品を
  • [2006/11/06 18:19]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲

【Sublimina】 / Vince Watson

【Sublimina】 / Vince WatsonLabel : HeadspaceReleased : 2005,04,25 Artist Site : http://www.vincewatson.co.uk/Listen : ■いやぁ~長かったです… 1週間長かった(汗)先週はGW前って事もあって、1
  • [2006/11/11 05:00]
  • URL |
  • ‥microbeat homepage‥ |
  • TOP ▲