Felix Kröcher - Hardtechno Experience Chapter One (Compressed/2006) 

Felix Kröcher - Hardtechno Experience Chapter One
Label: Compressed (com007-2)
Format: CD×2
Released: 2006
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTMS >>
今年のWIREに出演して一気にニホンでの知名度をモノにした感のある "Schranz" の第一人者Felix Kröcher。
"Schranz" ってターム自体は2年位前からごくごく一部では流通していて、当初は確かネタもののハードミニマルみたいな音のことを指してたのが、いつの間にかBPM160超のハードテクノ/ハードミニマルを言うようになったみたい。
この2CDは、Felix Kröcherのアルバム『Foward Movements』に、同じくFelix KröcherによるDJミックスCDを合わせたもの。
British Murder Boysをもっとテンポアップしたようなインダストリアル具合と、重戦車級の直線的なビートが何よりも魅力。ドイツのレイヴではこういうのが人気あるんかな。
はっきり言ってここから新しい音が生まれるとかは全く思えないし、すべてをなぎ倒して焼け野原にするかのようなハードミニマルの墓場なわけですが、テクノの享楽志向の部分だけを追求するとどんどん速く、どんどんハードになっていくというメカニズムは理解できるし、過去にも同じような現象は見られたので、このムーブメントをはた目で見ながら行き着く先を見届けてやりたいと思います。
個人的には、たまにこういうのを聴きたくなるけど、飽きて来るのでそんなにたくさんはいらない、という感じです。
Tracklisting:
Album: Felix Kröcher - Foward Movements
1-01. A Marked Preference For HardTechno
1-02. Bamboocha
1-03. Blow Up!
1-04. Take My Advice
1-05. The Fight Is Over
1-06. To Interline
1-07. You Must Never Forget That
Mix CD: Felix Kröcher
2-01. DJ Rush - Something For My Brother (Intro)
2-02. Felix Kröcher - Travel Pussy
2-03. Unknown Forces - Let Me
2-04. Robert Natus - French Kiss
2-05. Jason Little - Unexxisting
2-06. Boris S. & Miss JK - Treat
2-07. Matt M. Maddox - White Tool
2-08. Spark Taberner vs. Oliver Clothesoff - Situation Critical
2-09. Boris S. & Felix Kröcher - One Day In A Nuthouse
2-10. Felix Kröcher - Acid Deposition
2-11. Torsten Kanzler & Sven Wittekind - Wie Bafög nur Schneller
2-12. Torsten Kanzler & Frank Kvitta - Wild West
2-13. Robert Natus - SIW Abteilung B
2-14. Killswitch vs. Reset - Freddys Revenge
2-15. Jason Little - Stone Egg
2-16. Orman Bitch - Jetzt bin ich da!
関連記事

コメント

シュランツは僕にとって、テクノの一番好きじゃない部分を突き詰めた音ですわ。
向こうのハードダンスシーンに呼応した動きなんでしょうけど。
でも、この音って世間一般の認識としてのテクノの音のようにも思ったりします。
シュランツもので以前、ラジオスターの悲劇ネタのやつがあったんですが、あれもわからんかったなあ。大好きなネタなんだけど。
  • [2006/11/23 17:59]
  • |
  • mats3003
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

最近じゃBPM110周辺を彷徨っている私からすると160って信じられない数字ですね。
ってかここまでくると私はトランスと区別つきません・・・・・・。
  • [2006/11/23 23:09]
  • |
  • shooter
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mats3003さん

> ラジオスターの悲劇ネタのやつ

ありましたね。かなりばかばかしい出来のやつ。
当時はああいったのをシュランツと呼んでたような気が
するんですけどね...。
  • [2006/11/24 08:24]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> shooterさん

あ、多分やってるやつらのノリとしてはむしろガバとかに
近いような気がします。
速いのって、ニホンでは昔から受け入られる素地があるから
一部で人気出るかも知れませんね。
  • [2006/11/24 08:32]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/611-98a84313

Felix Krocher / Hardtechno Experience Chapter One (2006)

WIRE06でのプレイの評判を機に好奇心で購入。1stアルバム「Forward Movements」に自身のMix CDを加えた2枚組(今回はオリジナル扱い)。...