Steve Rachmad - Neo Classica (Sino/2006) 

Steve Rachmad - Neo Classica
Label: Sino (SINO102CD)
Format: CD
Released: 2006
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
またデータ捏造かよ。ま、これで明日から納豆が買えるようになれば良いのだけれどね。

古くからピュアテクノ/デトロイト・フォロワー的なサウンドをオランダから発信していたSteracが、本名名義のアルバムをリリース。リリース元のSinoと言えばTechnasia主宰Technorient傘下のレーベルで、アルバムとしてはかのJoris Voorn『Future History』(過去レビュー >>)以来2作目となることから、期待値も充分。
でも、ミニマリスティックなリズムとデトロイト印の高揚感ある流麗なシンセのストリングスが聴かれるものの、アルバム全体としてフックとなる部分がなかなか感じられにくいため、全体として印象の薄いアルバムになってしまったのは残念。アルバム終盤の「Levigi」って曲がカッコ良かったりもするんだけどなあ。

あと、このアルバムは国内盤扱いなんですが、Ciscoのオンラインショップでは何故か定価よりも105円安く購入出来ます(20日現在)。

ネオ・クラシカ ネオ・クラシカ
スティーヴ・ラッチマッド (2006/12/22)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
01. Prelude
02. My Tikkie Tik
03. A Fabla
04. Ubatuba Blues
05. Atcipitro
06. West Point
07. Interlude Adflatus
08. Arigato
09. Interlude Gaudium
10. I am a Machine
11. Interlude Susurrus
12. Electronic Afternoon
13. Humpin'
14. Interlude Minerva
15. Levigi
16. Interlude Alpus
17. Panorama
関連記事

コメント

SINOって事で結構期待はしてたんですけど、いわゆるヒット曲が無かったですね。そこそこは良い、けれどそれ以上でもそれ以下でも無し。
SINOレーベル自体は好きだし、EPだけでなくアルバムをどしどしリリース続けて欲しいですね。
  • [2007/01/23 00:46]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

そうそう、アンセムが欲しいところでした。
Sinoはその名の通り(?)才能あるアーティストが集まってるので、
僕もアルバムを期待してます。
  • [2007/01/24 22:11]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/644-a18fd4d2

Steve Rachmad - Neo Classica (Sino:SINO102CD)

Amazonで詳しく見るさあさあ、今年も残り一週間を切りました。そんなタイミングで期待のテクノアルバムがリリースされました。Technasia主宰のSINOから、Steve Rachmadと言う新人です?いえいえどうやら新人ではなく、数々の名義でTransmat傘下のFragileや100% Pure、Strict
  • [2007/01/23 00:43]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲