Hug - Heroes (●KOMPAKT/2007) 

Hug - Heroes
Label: ●KOMPAKT (●KOMPAKT CD 55)
Format: CD
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
もう1枚John Dahlbäckを。前回紹介した傑作アルバム『At The Gun Show』リリースから1~2ヶ月しか経ってないのに早くもニューアルバムが出ました。今度はHug名義で、●KOMPAKTのサブレーベルK2から出てたEPからも何曲か収録。親レーベル●KOMPAKTに出世(?)してのリリースです。
その作風はブリープアシッド・ミニマルテクノといったもの。
ここで言うブリープとは、Alter Egoみたいなブリブリしたやつじゃなくって、Dan Bellみたいなモノフォニックなやつでもなく、最初期のWarpなんかのノーザンハウス(ブリープハウス)みたいな音のことね。アーティストで言うと、LFOとかSweet Exorcistみたいな、生の電子音がピーとかプーとかいうやつね。それらが、シカゴハウスを今風のミニマルにシフトさせたかのようなリズムに同期してる。
(しかしそもそもブリープハウスって、シカゴから生まれたアシッドハウスのUK解釈だったわけだから、ブリープアシッドって表現は二重装飾のような気もするけど、わかりやすいからまあいいか。)
この名義になると、本名名義よりもテクノ(ミニマル)寄りというか、プロッグ譲りのトランシーでビキビキにエレクトロニックな音よりもちょいディープというか、でもドラッギーな部分は全然変わってないというか、このひと若いのにやっぱりわかってんなーというか、末恐ろしいというか(笑)
あのー、とにかくこのひとは今いちばんノリにノッてるプロデューサーのひとりですね。テクノ好きは聴いとかないとヤヴァいですよ、きっと。
Heroes Heroes
Hug (2007/02/06)
Kompakt

この商品の詳細を見る
Tracklisting:
01. Raido
02. Tiny Stars
03. Fluteorgie
04. Tactic Without Practice
05. Sub
06. The Platform
07. Room Of Rum
08. Heroes
09. My Dinosaur
10. Birds
11. Tons Of None
12. Ask For It
関連記事

コメント

プリープハウス、懐かしいですね。その辺はあまり聴いてなかったから、今聴くと新鮮味があります。
つか結局時代が再度巡ってくると言うべきか、テクノもあまり進化しないのかしら。
まあ良いもんは良いって事にしておきましょう。
  • [2007/02/14 22:39]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

もちろん僕もブリープハウスはリアルタイムじゃないんですけど、
ユーロ・テクノの原点って感じがして好きなんですよねー。

John Dahlbäckは才能あると思う。マチュさんの指摘の通り
James Holdenにも通じるサイケデリックな感覚がたまりません!
  • [2007/02/15 23:43]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/652-27550d00

Hug - Heroes (Kompakt:KOMPAKTCD55)

Amazonで詳しく見る近年の多作ぶりで充分に名前も知られているであろうJohn Dahlback。従兄弟のJesper Dahlbackも人気を得ているので、二人揃ってスウェーデンテクノを今率先していると言っても過言ではない存在。John Dahlbackは1985年生まれらしく、そうするとまだ22歳位
  • [2007/02/14 22:32]
  • URL |
  • Tokyo Experiment |
  • TOP ▲