Stereotype - Electrace Pulseman (Nippon Columbia/1994) 

Stereotype - Electrace Pulseman
Label: Nippon Columbia (COCC-11855)
Format: CD
Released: 1994
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
ポルトガルにハマって以来ずっと欲しかったエスプレッソメーカーをとうとう購入しますた。今週末には届く模様で楽しみであります。ポルトガルは長い間ブラジルを植民地化していたことから、コーヒーが旨いんですよね。向こうではコーヒー(カフェ)と言えばエスプレッソのことなんですが、リスボン以南ではビッカ、ポルトなど北部ではシンバリーノと、呼び方も違います。なので、ポルトガルに行った際はお間違えなきよう。

サイドワークス・オブ・まりん・その2。
1994年に、Stereotype名義でSEGAメガドライブのゲームソフト『Pulseman』のサウンドトラックを手がけたものです。ちなみにStereotypeとは佐藤大(現Frognation)とまりんを中心とした流動的なユニットで、TVアニメ『ドラゴンボールZ』のサントラに曲を提供したり、小林亜星のCM曲のリミックスアルバムを手がけたりもしとりました。また同時期にFrogmanからリリースされた『Pulseman』のイメージアルバム(iTS >>)にも1曲参加。
肝心のゲームの方はやったことがないので実際にこのアルバムの曲が使われているのかどうか知らないのですが、音の方は当時のテクノシーンのトレンドを代表するBPM早めのアシッドトランス。クリアーな透明感のある音色は彼ならではのプロダクションでかなり気持ちいい。ただし、今聴くとメロディーはやはりゲーム音楽っぽい明るい能天気な感じですな。この辺り、電気加入以前はゲーム会社にコンポーザーとして勤めていた経験が発揮されているのでしょうか。
また、いくつかのエレクトロビートのトラックでは隙間を意識した音の配置がされていて、自身の後のアルバム『Love Beat』か、はたまた往年のKraftwerkを彷彿とさせる。加藤賢崇も書いてる通り、KraftwerkはKarl Bartosが抜けたあと、まりんを加入させるべきだったんだよ、きっと。
PULSE MAN エレクトレース パルスマン~ステレオタイプ PULSE MAN エレクトレース パルスマン~ステレオタイプ
ゲーム・ミュージック (1994/08/01)
コロムビアミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
01. Inicio/Del Cartucho
02. Electrace Pulse Man
03. Open Your -Mosaic-
04. Electrace Pulse Man (Revenge)
05. Ihr Zier
06. Detesti Leggere I Manuali
07. Salasanat
08. 16-bit Sad Final Secret
09. Back Space Strikes Back
10. Giga Driver
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/693-0509fd23