From Time To Time/6 - From Top To Toe (Through Traffic/1995) 

From Time To Time/6 - From Top To Toe
Label: Through Traffic (TTT-1)
Format: CD
Released: 1995
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
GW2日目は子どもの頃からの友人達と毎年恒例のBBQ。強風が吹き、雨が降ったりやんだりまた降られたり、と忙しかった。しかし最近は肉も昔ほど食えないし、ビールも昔ほど呑めないですな。その分、量より質にシフトしているわけですが。

サイドワークス・オブ・まりん・その4。
前述のEPの後、1995年に自身のレーベルからリリースされたフルアルバム。From Time To Time第6弾。
インナースリーブにおいて、初めてFrom Time To Timeのメンバー名が明かされた。それには、"Jun Tanaka" と "Yoshisuna" となっている。アートワークは常盤響。EP『Beat Box/Drivers Eye』A sideのレーベル面のデザインの引用であることから、このEPのアートワークも同じく常盤響の手によるものだったと思われるが、クレジットがないので不明。
EPで見せた透明感のあるエレクトロニックな音色はそのままに、音数をそぎ落として、ハウシーでミニマリスティックなグルーヴを生み出している。相変わらず、音のひとつひとつの作り込まれ方は尋常じゃない。また、EP収録曲「Beat Box」「Drivers Eye」「Through Traffic」は全て新ヴァージョンであり、若干シンプルなアレンジメントに改訂されている。ちなみにジャケット、インナースリーブには8曲しかクレジットされていないが、実際には9曲収録されている(「Through Traffic」)。
元々「Through Traffic」という曲は、From Time To Time/4としてTransonicのコンピレーション『Transonic 2 (Feed Back)』に提供された曲で、EPにも再録。まりんとTransonicというレーベルとの関係もかなり深いもので、レーベルオーナーの永田一直は、実はまりんや田中純と同じく元O-Tism。・・・というところまでは結構知られていると思う。Transonicは元々Triggerというカセットテープのレーベルだったんだけど、このTriggerはそもそもまりんが立ち上げて、運営していたレーベルだったらしい。しかし電気グルーヴ加入後、レーベルに時間がかけられなくなって永田一直に譲ったという。僕がこの話を知ったのもつい最近なんだけど、いやあ驚いた。Triggerといえばサワサキヨシヒロを排出した国産テクノ黎明期以前の伝説ともいえるレーベルでしたからね。
このアルバムの音はシンプルな構成のテクノ/ハウスなので、時代がどう変わろうと聴けるし、結果的に、普遍的なサウンドになっていると思う。
Tracklisting:
01. Swinging Star
02. Drink 4711
03. Beat Box
04. Magic Island
05. Kauf Hof
06. Drivers Eye
07. Iced Hockey
08. Kan Ga Roo
09. Through Traffic
関連記事

コメント

このあたりって、制作はcrossover前夜なんでしょうか。
まりんって、crossoverで一気に音の作り方が変わってるから、その辺が気になりますわ。crossoverは2週間で作ったとかいう話だし、相当革命的な変化があったんでしょうね。
でも、この頃からレーベルデザインは常盤さんなんですね。全然常盤さんっぽくないけど。
transonicもtransonic 6で一気にレーベルとして方向転換するのが同時期くらいでしたっけか。
  • [2007/05/01 09:58]
  • |
  • mats3003
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mats3003さん

前夜前夜! おそらく数ヶ月前とか。
『Crossover』は永田一直がスタジオにごっそり持って来た、
当時で言うモンドとかラウンジのレコードを片っぱしから使って
作ったらしいですね。
『Crossover』リリース前のプレスリリースの資料とか見ると
ジャケット案にもこのアルバムと同じ陰陽みたいな太鼓みたいなマークが
使われていたので(例のボーリングのピンにこのマークが入ってるもの)、
多分常盤響との一連の仕事のひとつになっていたのではないかと。
  • [2007/05/02 00:13]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

永田一直さん

永田一直さん、一回だけ話した事が有ります。
実直そうな、マニアっぽそうな、そんな人ですよね。

円盤で、秘密博士がDJで回すハズなのに、お店に
来なくて、必死に電話している姿がかわいかったなぁ。
実家の電話番号とか調べてた。結局風邪引いて、
動けなくて、深夜にようやく到着していたけど。
  • [2007/05/02 00:48]
  • |
  • katt.jp
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> katt.jpさん

円盤、一度行ってみたいんですよねえ。
なかなか東京行く機会がありませんが。
  • [2007/05/02 23:25]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/699-8b4c7ea2