Justice - † (Ed Banger/2007) 

Justice - †
Label: Ed Banger Records / Because Music (BEC5772108)
Format: CD
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
皆さんさっき放送してた『NHKプレミアム10』"YMOからHASへ 高橋幸宏+坂本龍一+細野晴臣 音楽の旅" 観ましたか? 僕の中で何度目かのYMOブームが来そうです! 明日(日付は変わってもう今日ですが)はいよいよライヴが観られるんだなあ・・・。

飛ぶ鳥をさばいて焼いて食う勢いの時代の寵児、フレンチエレクトロのアイコン、Justice!!
当初は、わざわざ僕なんかが紹介しなくても、もうみんな買ってるでしょ、と思ったので、このアルバムのことも書くつもりはなかったんだけど、やっぱり2007年にこのアルバムを聴いてるか聴いていないかで、2年後、5年後にとてつもなく大きなリスナー間の断絶が出来ていそうなので、やっぱり書いておきますね。

伊福部昭ばりの荘厳なイントロで幕を開けるアルバムは、#02「Let There Be Light」~#03「D.A.N.C.E.」と既発曲を続けざまに何のよどみもなく進行。Uffieが参加した#08「Tthhee Ppaarrttyy」までのアルバムの構成、曲の並びとつなぎは完璧で、全てに脈絡があって筋が通っており、一気に聴かせてしまう。アルバム終盤に向けて収録曲のテンションはさらに上がる一方、中盤までの考え尽くされたかのようなスムースな構成がちと雑になってしまうのは残念。とは言っても、充分許容範囲内で、全く何の問題もない。ピークはやはり#11「Waters Of Nazareth」。
1曲1曲の個性も素晴らしいけど、とにかくアルバムとしての構成力が半端じゃない。実はこのアルバムは2年前にはすでに完成していて、今までそこから何曲かシングルカットしていただけなんじゃないかという錯覚を憶えるくらい、完璧な構成力と完成度。そして、昨今のフレンチエレクトロなるムーブメントは、実はJusticeとその他フォロワーの集まりでしかなかったのではないか、という錯覚も感じてしまうほどの圧倒的な個性と存在感。

僕は、Justiceに関しては、長い間その出自を嗅ぎ取ることが出来なくて、聴く度に戸惑いやある種の居心地の悪さを感じたりしていたので、このアルバムも、聴くまでは、あまり僕好みじゃないだろうなあ、とか勝手な想像をしていたのだけど、結局はフレンチエレクトロもJusticeもフレンチディスコの延長だったんだな、という当たり前のことにようやく気づきましたわ。つまりは、大沢伸一ではないけど、ディストーション・ディスコとでも呼ぶと個人的にはわかりやすいのかも(もちろんlapinさんの書いてたデスメタル・ディスコというコトバでも可)。
あと、何だか世間ではポストDaft Punkと称してDigitalismとこのJusticeの名前が取りざたされているけど、この2組は音楽性も違えばアティテュードと言うか指向も全然違うように思うし、ポップでキャッチーな部分はDigitalismのほうがっぽいかも知れないけど、10年後のシーンにまで影響を与える存在という意味ではJusticeに間違いなく軍配が上がるんじゃないだろうか。

2007年は音楽史にとって、ひとつの重要なくぎりの年になるだろう。Justiceの1stアルバムがリリースされたという意味で。
Cross Cross
Justice (2007/06/18)
Because

この商品の詳細を見る
Cross Cross
Justice (2007/06/18)
Because

この商品の詳細を見る
Cross Cross
Justice (2007/07/10)
WEA/Because

この商品の詳細を見る
†
ジャスティス (2007/06/06)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
01. Genesis
02. Let There Be Light
03. D.A.N.C.E.
04. Newjack
05. Phantom
06. Phantom Pt II
07. Valentine
08. Tthhee Ppaarrttyy
09. DVNO
10. Stress
11. Waters Of Nazareth
12. One Minute To Midnight
関連記事

コメント

よ!わらび餅。

何か、今日の文章かっこいいやん。
  • [2007/07/07 01:33]
  • |
  • lunemusique
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

正直Justiceに関しては信者かアンチみたいな状況になりつつあると思うので、びびんばさんみたいにフラットな目線からの感想はすごく興味深いです。
奇しく?もそのDigitalismも一番影響を受けたのがフレンチタッチ辺りみたいですね。
Roule、Crydaを一生懸命集めてた身としては非常に同世代って感じがします。
  • [2007/07/07 01:37]
  • |
  • lapin
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> miss luneさん

そう? ありがと。

DJわらび餅 = どんな単語でもアタマに "DJ" をつけると
マヌケになる法則。
  • [2007/07/07 14:18]
  • |
  • DJわらび餅 aka びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> lapinさん

立場上(?)アンチのひとの気持ちはよっくわかるのですが、
ちゃんと音だけ聴いて判断しましょうねって思います。
このアルバムはとてもよく出来てるし本当にカッコイイですよ。
この音に夢中になれないひとは感性鈍いんじゃないか、って
それは卑怯な言い方だけど、でも正直ちょっとそう思う・・・。
  • [2007/07/07 14:23]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/732-3ffd222e