DJ Rush/Felix Kröcher - U60311 Compilation: Techno Division Vol.6 (V2/2007) 

DJ Rush/Felix Kröcher - U60311 Compilation: Techno Division Vol.6
Label: V2 Records (UNI048052)
Format: CD×2
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
最近テクノシーン全体がディープめな音に傾きすぎてるとお嘆きのハードミニマル・ファンの皆様、お待たせ致しました! ゴリゴリのシカゴテクノを聴かせるDJ Rushと、バキバキのシュランツを聴かせるFelix KröcherによるダブルネームのDJミックスですよ。
先ずはDJ Rushによるゴリンゴリンのシカゴテクノ・ミックス。"シカゴテクノ" って呼び名は実はあんまり流通してないんだけど、シカゴハウスのテイストやグルーヴを持ったテクノのことを佐久間英夫氏がこう呼んでいて、わかりやすくて良いなあと思ったので僕はよく使わせてもらってます。DJ DeeonやBeltramなんかのトラックを使った前半はまさにシカゴ・ライクなテクノ。ジャストなグルーヴが基本です。中盤、自身の「Get On Up」のChris Liebingによるリミックスで一気にピークへ。うわあ、久し振りに聴いたけどこのトラックやっぱカッコイイ! 終盤はBPMも上がり目のちょいハーコーな展開へ。
一方今年のWIREでニホンでの人気を不動のものにした感すらあるFelix Kröcherのミックスは、意外や意外、前作(過去レビュー >>)と比較するとBPMはかなり抑えめ。中盤ラテントライバル・タイムもあったりして、これはほんとに一昔前のハードミニマルだわ。ラストは自身のトラックで、一歩間違えばハッピーハードコアかってくらいアゲてくんだけど。
それにしてもこのミックスCD聴いて感じたことは、とうとうハードミニマルもノスタルジーの対象になったのかということだなあ・・・。
U60311 Compilation, Vol. 6 U60311 Compilation, Vol. 6
DJ Rush、Felix Krocher 他 (2007/10/08)
U60

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
CD1: DJ Rush
1-01. DJ Rush - Intro: Message To The People
1-02. D'Kawa - Kurokin (DJ Deeon Rmx 2)
1-03. No Assembly Firm - Influence In Numbers
1-04. Joey Beltram - The Alien Chamber
1-05. Joey Beltram - Aumento
1-06. Boriqua Tribez - Celina
1-07. DJ Bold - Supper
1-08. Carl Falk - Loco Mode
1-09. DJ Rush - Jack My Body
1-10. DJ Rush - Get On Up (Chris L. Rmx)
1-11. Electronmike vs. Bernd Isaac - Rush My Body
1-12. Ms. Phat Pussy - Just Beats For Days
1-13. Sutura - Pumping
1-14. Leo Laker vs. Switchblade - Bass Mafia
1-15. DJ Arcane - I Love You
CD2: Felix Kröcher
2-01. Alloy Mental - Alloy Mental
2-02. Brian Sanhaji - Execute
2-03. Boriqua Tribez - Favelas
2-04. Brainshaker - No Fear
2-05. DJ Ogi - Lopata
2-06. Boriqua Tribez - Adelante
2-07. Max Walder & Manu Kenton - Sombrero
2-08. Virgil Enzinger - The Far End
2-09. Ivee - USA Massacre
2-10. Eric Sneo - Break Up
2-11. Monika Kruse - Latin Lovers (Eric Sneo Rmx)
2-12. Bas Mooy & Vincent De Wit - Bushido
2-13. Manu Kenton - Burnin (Kaoz & S.Ewe Remix)
2-14. Mario Ranieri - Abstract Hymn
2-15. Felix Kröcher - Come On
関連記事

コメント

どうも、お嘆きの一人です。
Kröcherってワイアーでも相当評判良かったそうですね。
シュランツと呼ばれるジャンルらしいですが、シュランツとは一体なんぞやと言う感じです。
明日はベンシム来日だから、行ってみようかなと迷い中。
  • [2007/09/20 19:37]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

僕はやっぱりDJ Rushの1枚目が好みでした。

シュランツは簡単に言うと速いハードミニマルで、ネタものも多いです。
その中でもFelix Kröcherは、まるでBritish Murder Boysを速くしたような
作風で一歩抜きん出てます。
日本のテクノヘッズは昔から速いの好きだから受け入られるんでしょうね。
  • [2007/09/20 23:46]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/784-6a932e66