【ビール】 キリン 一番搾り とれたてホップ 

田中フミヤのblogで知ったのですが、CISCO大阪店が12月で閉店なのだそうです。まぁ最近はレコ屋でレコードなんてほとんど買ってない、オンラインでCDとMP3ばっかり買ってる僕なんかが言える筋合いではないかも知れないけど、ただただ残念です。僕もPARCOにあった頃からCISCOにはお世話になってたけど、僕にとっても単に "レコードを売ってる場所" という以上の意味というか価値のある場所でした。とりあえずCISCOに行けば新しくて面白い音に出会えたし。
ただ、オンラインでオーディオファイルを買うことに関しては、音質はまだ当分先の話になるかもだけどアナログと同等程度の音質で高圧縮率のファイル形式が出てくるだろうし、音楽ソフトを購入して手元に置いて家なりで聴くという楽しみ方自体がもうすぐ絶滅すると僕は思っているので(この辺りの僕の考えは長くなるので次の機会に)、今は良くも悪くも過渡期なんでしょうね。もちろん時代のせいにするつもりはさらさらありませんが。
とにかく、これで僕がアメ村に行く理由はほぼなくなったな・・・。

昨年も発売されたという一番搾りのヴァリエーション "とれたてホップ"。僕は今年初めて飲みました。現在キリン再評価期間中に加え、同じキリンのスパークリングホップ(過去記事 >>)がなかなか美味しかったので、同じホップをフィーチュアしたビールならばと期待を持って6缶パックをお買い上げ(1,050円)。
注いでみます。まぁ見た目は普通の大手国産ビール(ピルスナー)ですな。写真は勢いよく注ぎすぎてちょっと失敗。
飲んでみます。う~ん、スパークリングホップと同じく、ホップの甘い香りが鼻孔を刺激する。キリンビールと言えど苦みは強くなく、むしろまろっとしている。ニホンのビールにありがちのキレとはまた違った清涼感が感じられます。
今のうちにもう6缶買おうかなあ。

(撮影:ぱんだ)
関連記事

コメント

時代は変わる

僕はCD派ですが、ソフトが変わっていくのはある程度仕方がないかなと思います。
ジャケなどを楽しんだり、質感を楽しんだりしていものですが、このソフトの量が重さやスペースという観点では、邪魔になってしまいます(単なるわがまま)
でも、一番は音質と手軽さかなと思います。
  • [2007/11/14 23:58]
  • |
  • 存在する音楽
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

シスコはカクカクシカジカでよく行きました。が、2回しか買ったことが無いのね~。

でもね、買ったものはすごいのよ。

18歳>サイケアウツのクラシックスCDR。ラムちゃんステッカー(不確定多数だっちゃ!)入ってなくて家で泣いた。

25歳>アンドレアス・ヘーレンのカンプラード。

寂しくなるね~。
神戸のジェットセット無くなった時も、別に買うことはあんまり無かったんだけど、さすがに店が無くなった後はめちゃ寂しかったわ。
  • [2007/11/15 00:59]
  • |
  • lunemusique
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> 存在する音楽さん

ラガーは変わるな、ですか?(笑)

確かに手軽さと、それから値段には抗し難いです。
しかし同時に12インチのレコードとジャケットの "モノとして" の
魅力も未だに捨て難いです。ヴァイナルの臭いも。
  • [2007/11/15 21:58]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> miss luneさん

僕は家にあるレコードの半分以上(もっとかな?)がCISCO大阪店で
買ったものだと思いますよ。
タワレコ心斎橋店跡の前を通ると寂しい気持ちになるのと同じように、
CISCO大阪店もなくなると寂しいだろうな・・・。

そう言えばサイケのステッカーあげるって言ったっきり渡してなかった!
それからサイケのCD-Rまだ半分くらいしか焼いてないんやけど、
正直もういらんやろ?(笑)
  • [2007/11/15 22:04]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/826-3f69523a