Aril Brikha - Ex Machina (Peacefrog/2007) 

Aril Brikha - Ex Machina
Label: Peacefrog Records (PFG097CD)
Format: CD
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
●KOMPAKTからの『Winter EP』とPorker Flatからの『Akire』という2枚の傑作シングル(過去レビュー >>)で華々しく復活した、スウェーデン内にあるデトロイトの飛び島ことAril Brikhaの待望の2nd。何が待望って、例によってオンラインショップで他の商品と抱き合わせで注文したら、いろいろあって届いたの先月末ですよ、まったくもう! Transmatからリリースされた1stが出たのはすでに7年前なのだそうで、てっきり線の細いヨーロッパのデトロイトフォロワーのひとりとしか認識してなかったのに、前述の復活シングル2作がそれぞれのレーベルカラーを意識しながら自らの個性をきっちり主張する作風で、個人的にめきめきとアルバムへの期待が高まったのでした。
本作はPeacefrogからのリリースということで、これまたレーベルカラーを意識したのか、過去の作風を継続したような浮遊感のあるデトロイティッシュなサウンドが大半を占めていて、繊細で暖かみがありファンクを感じるシンセラインが心地良いです。また、#06や#08あたりの近作路線のトランシーなエレクトロミニマルをやっているのを聴くと、このアルバムが単に懐古的なデトロイトフォロワーの作品ではないことが明らかです。時代だからと言って、安易にクリック化しなかったところにも好感が持てます。
Slamの『Human Response』(過去レビュー >>)と並び、2007年を代表するアルバムになるのではないでしょうか。
Ex Ex
Aril Brikha (2007/07/30)
Peacefrog

この商品の詳細を見る
エックス・マシーナ エックス・マシーナ
アリル・ブリカ (2007/05/25)
シスコ・インターナショナル

この商品の詳細を見る
Ex [12 inch Analog] Ex [12 inch Analog]
Aril Brikha (2007/07/30)
Peacefrog

この商品の詳細を見る

Tracklisting:
01. Last One
02. More Human
03. Lady 707
04. Leaving Me
05. Gres
06. Room 337
07. Contact
08. Kind Of Nitzer
09. Ex Machina
10. Kept Within
11. Anna's Theme
関連記事

コメント

あらら、今まで聴けてなかったんですね。
リリースから半年も待ったなんてそれはしんどい。
このアルバム直前のKompaktとPorker Flatの曲は
過去の作風と異なっていたから心配だったんですが、
アルバムでは1stの流れを引き継いでいたので安心しました。
しかしライブに行った友人によるとトランス、プログレ色が強かったとか。
どんなライブなんだろうと気になっております。
  • [2007/11/17 16:02]
  • |
  • マチュ
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

本当かどうか知りませんが、この人は特にデトロイトを意識して作っている訳でもないそうですね。でもいいアルバムだと思いました。
  • [2007/11/17 19:01]
  • |
  • ka2
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> マチュさん

長い。本当に長かった・・・。
でも待って良かった、そんなアルバムでした。

> ライブに行った友人によるとトランス、プログレ色が強かったとか。

それは見たいですね。僕はそっちのほうが好きかも知れません。
  • [2007/11/19 20:02]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> ka2さん

> 特にデトロイトを意識して作っている訳でもない

ええ~っ!! でも明らかにデトロイトの影響下にある音出してますよね。
まあ暖色系のシンセの音色使うとデトロイトっぽくなるのかも
知れませんが・・・。
  • [2007/11/19 20:06]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

はじめまして。
http://www.barks.jp/feature/?id=52293477
↑ここのインタビュー読むと、何も知らずに曲を作ってたら、
友達にデトロイトテクノに似てるって言われたので
トランスマットにデモテープ送った、とか言ってます。
その頃はデリック・メイのこともよく知らなかったとか…

なので最初はデトロイトとか全然分からず曲作ってたみたいですね。
  • [2007/11/20 00:59]
  • |
  • bygzam
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> bygzamさん

はじめまして。bygzamさんのblogは(こっそり)見てます。

インタビュー読みました。
そうか、デトロイトの連中とルーツが同じだからだ!
ちょっと納得しましたよ。

> 15歳くらいの時にアタリ(ティーン・エイジ・ライオット)を買って、それから音楽をシークエンスするようになった。

これ、文脈から考えると、アタリはティーン・エイジ・ライオットではなくて
明らかにコンピュータの名前のことですよね。
このインタビュアーはクソだ(笑)
  • [2007/11/20 18:03]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>bygzamさんのblogは(こっそり)見てます。
ありがとうございます。大したこと書いてないんでお恥ずかしいす。僕もこのページはよく見させてもらってます。

>これ、文脈から考えると、アタリはティーン・エイジ・ライオットではなくて
>明らかにコンピュータの名前のことですよね。
あ!絶対そうですね。僕も読んでて、そこすごい違和感ありました。納得。
  • [2007/11/20 23:49]
  • |
  • bygzam
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> bygzamさん

大したこと書いてないことないですよ~。
Infiniti『Skynet』買おうと思いましたもん。

あと、blogタイトルやblog説明文の自虐ギャグが好きです。
  • [2007/11/22 00:09]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/828-4ca2effd