Gant-Man & Traxman - The Best Of Dance Mania: Chicago Ghetto House (Dance Mania/2003) 

Gant-Man & Traxman - The Best Of Dance Mania: Chicago Ghetto House
Label: Dance Mania Records (CDDR-8526)
Format: CD-R
Released: 2003/2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
珍しくケータイからblogをUPしてしまった。いや、つい笑ってしまったもので。

このblogでは何度も紹介しているシカゴハウスの徒花的レーベルDance Mania Recordsより、03年にリリースされながらニホン国内には入ってくることもなく廃盤となっていたJUKEもの(いわゆるゲットーハウス)をミックスしたレーベル・ベストが昨年再発されまして、僕はK. Hand(過去レビュー >>)と一緒にdiskUNIONのオンラインショップで今年になって購入。この再発劇を手がけたのはDance ManiaからリリースするDJ Slugoという人物だと言われていますが、何とこのCDケースに入ってるジャケットは、このDJ Slugoの過去の(?)ミックスCDのジャケットの裏面にプリントされています。反故紙感覚。ある意味エコだ。こんないい加減さ、シカゴ以外には絶対あり得ません。そして勿論、当然のようにCD-R。
内容はいつもの通り。アホアホなヴォイスサンプルやラップに、チープなざっくりした腰にくるジャストなハウスビート。スキモノにはたまらない100パーセントJUKEトラックス。僕的にはもう鉄板です。特にピークは終盤の#45のDJ Deeon「Southside (DJ Shouts)」から#46のDJ D-Man「Westside (DJ Shouts)」にかけてのサウッサイとウェッサイのケンカ御輿。ここでシャウトされ続けるDJの名前を聞いてると、一体シカゴには何人のDJがいるんだとビビる。
JusticeがDJ Funkをリミキサーに起用したり、Surkinがインタビューで若い頃Dance Maniaに影響を受けた(いや今でも若いやろキミ)と話していたことが現している通り、またフレンチヒップホップとの親和性もあることから、最近はニューエレクトロの文脈でも耳にすることの多くなったJUKE(シカゴもの)やJIT(デトロイトもの)といったゲットーミュージックですが、この機会にノーテンキでダーティーなパーティーミュージックに触れて卑猥に腰を動かしてみてはいかがでしょうか。
Tracklisting:
01. Lil Tal, Gant-Man & Ty - Ride, Shake, Whip
02. DJ Funk - Work Dat Body
03. DJ Deeon - Hoodrat
04. DJ Slugo - Where Da Rats?
05. DJ Slugo - Work It
06. Jammin Gerald, Clint-X & Parris Mitchell - Work It
07. Jammin Gerald - Move It
08. DJ Funk - Pump It
09. DJ Deeon - Rubberband Bass
10. Paul Johnson - Feel My M.F. Bass
11. DJ Slugo - Wouldn't You Like To Be A Ho?
12. Chip Dilla - Let Dem Ho's Fight
13. DJ Hyperactive - Tilt
14. Deeon & DJ Chip - To Da Hoes
15. DJ Funk - Move Yo Big Booty
16. Jammin Gerald - From The Back
17. Eric Martin - Hit It From The Back
18. Eric Martin - Ride Me Body
19. DJ Deeon, Da Freaks, DJ Deeon, Shawty Bounce, Deeon - Da' Horz (Where Dem Hoes At)
20. DJ Funk - Big Ole Booty
21. DJ Fatz - I Want A Slut
22. Waxmaster - Wax Scratch
23. Waxmaster - Mad Video
24. Gant-Man - Pop Dem Thangs
25. DJ Slugo - Vulture Life
26. Chip Dilla - All You Niggas
27. DJ Flint, DJ Funk - Hey, Hey
28. DJ Slugo - Like It Raw
29. DJ Deeon - Shake What Ya Mama Gava Ya
30. DJ Deeon - Shake What Ya Mama Gava Ya (RMX)
31. DJ Deeon - Work This M.F.
32. D.J.Nehpets - Lay It Down
33. DJ Milton - Like This
34. DJ Funk - Fuk U !
35. Jammin Gerald - Pass It 2 Da Home
36. DJ Milton - Beat Dat Shit Up
37. DJ Skip - Take It Off
38. DJ Milton - Suk A Dik
39. DJ Funk - Low Energy
40. Jammin Gerald - J.G. Megamix
41. DJ Deeon - Let Me Bang
42. DJ Deeon - AW Shit!
43. DJ Nehpets - Mario
44. Jammin Gerald - Hold Up Wait A Minute
45. DJ Deeon - Southside (DJ Shouts)
46. DJ D-Man - Westside (DJ Shouts)
47. DJ Deeon - Every Freekin' Day
48. DJ Traxman - Outro
関連記事

コメント

gant-manって、gant garrardなんですね。
この人のluv insiteってEPに入ってるsmile to meというのがi love your smileネタで好きだったんですが、
dancemania周辺の人とは知りませんでした。
  • [2008/01/30 15:54]
  • |
  • mats3003
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mats3003さん

「Smile To Me」って聴いたことないので試聴できるとこ探したんですが
見つかりませんでした。
matsさんの前のblogのエントリ読ませていただいた感じでは、
とてもDance Mania周辺のひととは思えない作風のようですね。
  • [2008/01/30 19:52]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

そういや、書いてたっけか。
かなりさわやかなシカゴハウスでした。
まあ、ゲットーテックってシカゴハウスの発展系ですしね。
luv insiteはsound conciergeの402に入ってますね。
  • [2008/01/31 11:16]
  • |
  • mats3003
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> mats3003さん

「Luv Insite」はどちらかと言うと正当派のディスコハウスって感じ
ですもんね。
Dance Mania、特にゲットーハウスとは中々つながりにくいですね。

『Sound Concierge 402』も久しぶりに聴いてみたんですけど、
やっぱ選曲うまいんだよなあ。
田中はんのダンスサイドのミックスCDではこれがいちばん好きかも
しれないです。
  • [2008/02/01 00:41]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/880-db15d879