Kotai + Mo - Elektro Music Department (Elektro Music Department/1998) 

Kotai + Mo - Elektro Music Department
Label: Elektro Music Department (EMD CD01)
Format: CD
Released: 1998
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
今夜はEllen Allienに行きたかったのですが、仕事で遅くなったのでやんぴ。長らくクラブ遊びもしておりません。

ベルリン地下テクノと聞いて思いつくのがこのレーベル、Elektro Music Department。
KotaiことKlaus Kotaiにより1995年にリリースが開始されたこのレーベルは、おそらくまだディープ・ミニマルといった概念がなかった頃から、まさしくディープ・ミニマルとしか言いようのない、深海の奥底に沈み込んだ分厚いコンクリートの箱の中で打ち鳴らされているかのような、深く、くぐもった音響のミニマリスティックなエレクトロ/テクノを世に送り出している。レーベルのロゴやジャケット、ラベル等のミニマムなデザインはいかにもドイツ的。
ちなみに、現在ドイツを代表するミニマル/テックハウスのレーベルであるTraum Schallplatten等を主宰するTriple RことRiley Reinholdも、RRR名義でリリースの経歴がある。

Kotai + MoはKlaus KotaiとMo LoschelderによるElektro Music Departmentの看板ユニットで、本作は1998年のアルバム。
まったくフォーマット然としていなくて、どこにもおさまらない、おさまりドコロの悪さは今聴いても変わらない。ただ、これもリスニング仕様ではなく、あきらかにフロア仕様の音。フロアのサウンドシステムで聴いたらどんなことになるか、いちど体感してみたいもんです。

Tracklisting:
01. Vox Gum
02. S.C.H
03. Music For Ranches
04. Panabass
05. Boys In The Backstreet
06. She-Bouncer
07. Crush, Hate & Selfconfidence
08. BÜ
09. Back At Ten / Fast Ghost / Go (Version)
10. Back At Ten / Slow Baby / Stay (2.Verse)
11. L-Dancer
12. Icetrain
13. Pana Für G.
関連記事

コメント

懐かしい!ドイツって感じですよね。

東京のEllen AllienのPARTYは行列出来てたそうです。
EllenもSWAYZAKもコーネリアスも行けず、ふてくされてる日曜…。
  • [2008/03/30 14:54]
  • |
  • NOW!
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>> NOW!さん

懐かしいですか。
NOW!さんとはことごとくカブってますなあ、ふふふ。

昨日の電気行かれたんですね。
アルバムは今日家に届きそうです。休みで良かった!
  • [2008/04/02 10:03]
  • |
  • びびんば
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://acidovertherainbow.blog54.fc2.com/tb.php/919-e5d7dfe2