加納エミリ - 恋せよ乙女 

emirika.jpgArtist: 加納エミリ
Title: 恋せよ乙女
Label: EMIRIKA DISC / なりすレコード
Catalog#: NRSP-1274
Format: 12" (Green Clear Vinyl)
Released: 2020/05/20
昨年11月に発売されて以来自分の中でヘビロテ&ロングヒットだった加納エミリの1stアルバム『GREENPOP』から「恋せよ乙女」と「ごめんね」がアナログ・カット。
「恋せよ乙女」はアルバム・ヴァージョンと檸檬によるリミックスの2曲が、「ごめんね」はアルバムのボートラ扱いだった長尺ヴァージョンと初回版CDに付属のリミックス盤に入っていた吉田哲人によるリミックスの2曲が収録されている。
45回転の透明グリーンのカラー・ヴィニール、500枚限定プレス、トレーディングカード付き、という購入意欲を上手い具合に刺激する仕様で、残念ながら僕に届いたトレーディングカードはレアなキラキラではなかったし、使用済みカッターナイフも入っていませんでしたが(ここはわかるひとだけ笑ってください)。

「恋せよ乙女」はCDで聴き慣れたオリジナルも改めてアナログで聴くとベースラインがめっちゃファンキーに感じるし、カッティングギターが特徴的だったオリジナルのアレンジを踏襲しながらもヴォイスサンプルで遊んだりフュージョンぽいギターを弾き足すことで原曲の持つ80年代っぽさにさらに寄せてみせた檸檬のリミックスも面白い。ちなみに檸檬のリミックス・ヴァージョンはこの12インチでしか聴くことができなくて、僕、檸檬は何気にデビュー作から追っかけてるけど、見事にアナログでしか聴けないユニットであることを徹底しているな。
「ごめんね」は歌詞もエピックなエレクトロディスコなトラックも大好きで、もしもカラオケに入ってたらソラで歌えるくらいなんだけど、吉田哲人のリミックスはカラフルでポップで疾走感があって、でも原曲に隠れていた切なさや物憂げな部分もはっきりと感じられるようになっている。この「ごめんね」の吉田哲人リミックスと彼の昨年7インチのみでリリースされたデビュー曲「ひとめぐり」とはアレンジが対になってるということで、聴き比べてみてもまた面白い。「ひとめぐり」もほんといい曲で大好きなんだけど、そういやこの曲もアナログでしか聴くことができないですね。

そもそも加納エミリさんは作詞・作曲・プログラミング・歌唱・ステージパフォーマンスからグッズ通販の発送までを自らこなすことから、個人的にはシンガーソングライターダンサーと呼ばれた岡村靖幸以来の稀有な才能だと思っていて(岡村ちゃんは裏方作業はしないけど)、そんな才能が他のどこでもなくアイドルのシーンから登場して花開いたのは、今の時代を象徴しているのではないかと思っています。

Tracklist
A1. 恋せよ乙女 (CD Mix)
A2. 恋せよ乙女 (檸檬 Mix)
B1. ごめんね (TETTO は NEO NEW MUSIC MIX)
B2. ごめんね (EXTENDED Ver.)








The Best Discs of 2019 2nd Half (2019年下半期ベスト)

加納エミリ / GREEN POP
Chester Beatty全面サポートによる最高すぎるエレポップ/ハイエナジー歌謡。

檸檬 - 時のたにまに

さて、金沢でテクノと言えば、かつて独Tresorからアルバムも出した元ナガイエリことChester Beattyだと思いますが、昨年11月頃、そのChester Beattyの名前がクレジットされた7インチ・シングルが出ていたので紹介します。

【ビール】 DHCビール4缶飲み比べセット 

昨年よりDHCがクラフトビールの製造・販売に乗り出しております。

DHCといえば化粧品や健康食品のイメージが強かったのですが、日本酒なども作っていることからのアルコール飲料の販売拡大という企業意思の表れなのかしらと勝手に想像しています。
富士山系の伏流水に惚れ込んだDHCは、静岡県御殿場市の富士山麓に工場を建設し、ビールの仕込み水だけではなく、器具の洗浄といったありとあらゆる箇所においてその弱アルカリ性の軟水を使用しているとのこと。
また、醸造に使用する酵母も通常は輸入品を使用することがほとんどなのだそうですが、DHCでは自社で培養しているらしく、異業種からの新規参入とは言え、日本でも指折りの本格的なビール醸造所となっているように思います。

そんなDHCビールが数量限定で飲み比べセットを販売していたので、お試しで購入してみました。4缶で1,000円(送料・消費税込み)はなかなかお得ではないかしら。さっそく飲み比べてみました。

DHC ラガービール

ひとつめはオーソドックスなピルスナータイプ。ふんわりとした柑橘系の香りはホップ由来なのかな。飽きの来ない飲みやすさがあるので、ひとまずこのビールを基準値として他のビールも味わってみよう。
DHC ゴールデンマイスター [無濾過]

ふたつめは、おそらくひとつめのラガービールの無濾過タイプ。こちらのほうが、コクとまろやかさ、それに甘みが強く感じられます。
DHC プレミアム リッチ エール

みっつめはエールということだけれど、ビアスタイルは何になるんだろう。アメリカンペールエールかしら。濃色の見た目と、ホップの華々しい香り、そして脳をしびれさせる苦味。重厚感があります。
DHC ベルジャンホワイト

よっつめはみんな大好き、オレンジピールとコリアンダーシードを使用したベルジャンホワイトエールですね。こちらは重たくなりすぎず、小麦のさわやかさの感じられるベルジャンホワイトです。

今回の飲み比べセットには含まれていなかったのですが、DHCには他にもDHC ブラックラガーというシュバルツもあるらしく、そちらも大いに気になるところです。

DHCビールはいまのところ通販でしか買えないっぽいのですが、こういう美味しいビールが飲みたい時に近所のお店とかで買えるようになれば幸せなんだけどなぁ。

TMN - CLASSIX 1 / CLASSIX 2 

Artist: TMN
Title: CLASSIX 1
Label: ESCB1422
Catalog#: Epic/Sony Records
Format: CD
Released: 1993/08/21
Artist: TMN
Title: CLASSIX 2
Label: ESCB1423
Catalog#: Epic/Sony Records
Format: CD
Released: 1993/08/21
弊blog実に2年半振りのディスクレビューが旧譜、しかもTMのオリジナル・アルバムじゃなくて企画モノってのは明らかにどうかと思うが、元来ここはこんなblogだったし俺はこういう人間だったんだよってことで(いや今朝なんとなくクルマで聴いてたんですよこのアルバムをええ)。

『CLASSIX 1』ならびに『CLASSIX 2』は、TM NETWORKがTMNと名乗っていた1993年に発売されたベスト・アルバム兼リミックス・アルバム。
発売時期としては、1991年のアルバム『EXPO』から1994年の「TMNプロジェクト終了」までの間の開店休業期にあたり、いわゆる「つなぎ」的な企画アルバムではあるものの、当時の小室哲哉の発言からは、翌1994年に計画していた(そして実現することはなかった)TMN10周年に向けたウォーミングアップ的なリリースであったことは想像に難くない。
また、作品のコンセプトとしては、1989年のリプロダクション・アルバム『DRESS』に続くものとされており、ただし『DRESS』が外部プロデューサーに頼ったものであったのに対し、本作では基本的に小室哲哉ひとりの手により製作が行われている。
なお、製作時期はtrfのアルバム『EZ Do Dance』と同時期とされているが、trfのプロダクションで特徴的なユーロビート/ハードコアテクノ風のアレンジは本作でも見られるものの、改めて聴くとtrfと比べると従来のTM NETWORK/TMNの作風・世界観に寄せられているように感じる。
それは、本作のリミックス曲が本来小室哲哉がライブ用トラックなどで得意としていたリプロダクションやリアレンジの手法を何故か使用せず、オーバー・ダブによる原曲を活かしたミックスであること、リミックスされていないオリジナル曲もいくつか収録されていること、そしてアップテンポなダンスナンバーだけでなくバラードやミドルテンポの曲も(バランスを考えて?)半数近く占めること、などが要因だろう。
発売当時の本作の意義としては、アルバム『RHYTHM RED』『EXPO』に未収録だった「Dive Into Your Body」や「Wild Heaven」といった近年のシングル曲がアルバムに収録されたことと、過去曲が小室哲哉の手による(当時の)最新サウンドで…みたいな部分だったとは思うが(最新?笑)、それ以外にもThe Wild Bunch(現Massive Attack!)参加の「U.K. Passenger」とか聴きどころはたくさんあるので、今だとSpotify(埋め込み以下↓)をはじめとする配信サイトでも聴けるし、CDだと数年前に1と2をセットにしたBlu-spec2盤も出てるので、この機会に聴いてくれよ。本作はファンの中でも低評価らしいけど、俺は昔から言ってる通り『DRESS』と並んで好きなんだよ。

Tracklist
CLASSIX 1
01. Channel '93
02. Dive Into Your Body (extended 12' version mix)
03. Get Wild (techno overdub mix)
04. We Love The Earth (single overdub mix)
05. Rhythm Red Beat Black (house sample foods mix)
06. Just Like Paradise (expo overdub mix)
07. Interval
08. Ano Natsu o Wasurenai (motion picture mix)
09. Human System (cafe de paris mix)
10. Confession (promotion mix)
11. Telephone Line (lover's mix)
12. The Point of Lovers' Night (rhythm red version)
CLASSIX 2
01. Channel '93 Part 2
02. Wild Heaven (extended hard core mix)
03. Love Train (extended euro mix)
04. Come On Everybody (garage mix)
05. U.K. Passenger (u.k. lap techno mix)
06. 69/99 (rhythm red version)
07. Interval
08. Time Passed Me By (moonlight mix)
09. Daichi no Monogatari (expo version)
10. 7 Days War (album overdub mix)
11. Girlfriend (motion picture version)
12. Sad Emotion (album version)
13. Time Passed Me By (zurich mix)
14. Just One Victory (single 7' version)





【ビール】 HITEJINRO 本旨麦仕込み 



韓国ハイト眞露の日本向け第3のビール(リキュール(発泡性)①)「本旨麦仕込み」が何度目かのリニューアル。
ただしパッケージだけの変更なのか、それとも中身まで変わったのかは定かではありません。
輸入元の川商フーズのウェブサイトにも情報がなかったもので。

わずかながら甘さが残るという違和感は感じるものの、韓国ラガーらしいライト(あっ軽い)な飲み口はデイリー使用に真価を発揮するタイプの、よくできた(第3の)ビールだと思います。
昨今の国産第3のビールの商品開発の目覚ましい進歩により、価格以外の要素でこの商品を選び続ける理由が薄くなってしまったことは残念ですけどね。


リニューアル前の過去記事はこちら

【ビール】 Hite 本旨麦仕込み

韓国の最大手ビールメーカーHiteの第3のビール。以前紹介したことのあるプライムドラフト(過去記事)もHite製でしたが、こちらの本旨麦仕込みは、僕が買った店ではプライムドラフトよりもさらにお安い。で、もちろんblogネタのために買ったのでことさら期待していた訳ではありませんでしたが、意外や、これがイケました。先ず、写真の通り、第3のビールのくせに泡持ちが良い。そしてお味はホップの爽快感が強め。あれ、これ麦仕込...



The Best Discs of 2019 2nd Half (2019年下半期ベスト) 

※ アーティスト名もしくはレーベル名のアルファベット順です。
※ 2020/01/13 コメント追記しました。

HALLCA / VILLA
Amazon.co.jp

ひとりEspecia。

Have a Nice Day! / Distopia Romance 4.0
Amazon.co.jp

まさかのavexからのセルアウト・シット。冒頭3曲の緊張感と多幸感がとにかくとんでもないんだけど、そこだけ。

加納エミリ / GREEN POP
Amazon.co.jp

Chester Beatty全面サポートによる最高すぎるエレポップ/ハイエナジー歌謡。

Moksi / The Return of House Music

Barong Familyが贈るトラップ以降のベースハウスのヤバすぎ集大成。

小沢健二 / So kakkoii 宇宙
Amazon.co.jp

みんなこのひとを歌詞で評価しようとするからおかしくなるんだよ。こんなに都会的なファンク・ミュージックをお金かけたプロダクションで日本で鳴らしてるひと、いま他に見当たらないじゃないか。

上原ひろみ / Spectrum
Amazon.co.jp

10年ぶりのピアノソロ作。ツアーで演った「Rhapsody in Various Shades of Blue」は宇宙まで跳んでってしまいそうなアクロバティックな演奏だった。あれできちんと着地するのほんとにすごい。

脇田もなり / RIGHT HERE
Amazon.co.jp

HALLCAとは逆にEspeciaの呪縛から解き放たれたかのようなソロ3作目。「エスパドリーユでつかまえて」は僕の2019年夏最大のアンセムでした。